第12回 中高年者縦断調査(平成28年) 2018年 4月17日: 日本の将来推計人口 -平成29年推計の解説および条件付推計-2018年 4月17日: 厚生の指標 2018年4月号(第65巻第4号) 2018年 4月12日: 平成28年 国民生活基礎調査 1~4巻: 2018年 4月10日 厚生労働省「2019年 国民生活基礎調査」の結果概況が公表された。同調査は、保健、医療、福祉、年金、所得等、国民生活の基礎的事項を調査し、厚生労働行政の企画、立案に必要な基礎資料を得ることを目的とするもので、毎年実施されているが、3年ごと 28年国民生活基礎調査」に基づき、当省が作成した。 図. *平成28年『国民医療費の概況』(厚生労働省)より *平成28年『国民生活基礎調査の概況』(厚生労働省)より 有訴者率 男性 (複数回答) 女性 (複数回答) (人口千対) h25年 h28年 (人口千対) h25年 h28年 総数 276.8 271.9 総数 345.3 337.3 (※1)人口1,000人あたりの、病気やけが等で自覚症状のある者(有訴者)の比率 全国の有訴者率は 312.4となっている。 年齢階級別では、年齢が高くなるに従って有訴者率は高くなっている。 自覚症状としては、肩こり、腰痛が多い。 参照:平成 25 年 国民生活基礎調査の概況. 図2.性別にみた通院者率の上位5傷病(国民生活基礎調査、2016年、複数回答) [3] 歯や口に関する自覚症状は? 歯や口の自覚症状を有する割合は、平成28(2016)年歯科疾患実態調査で調査され、全体の約4割が何らかの自覚症状を有していました。 25 平成28年〈2016年〉の国民生活基礎調査で、男性の有訴者の症状が最も多いのはどれか。1.腰痛2.物忘れ3.体がだるい4.目のかすみ5.手足の関節が痛む男性では「腰痛」での有訴者率が最も高く、次いで「肩こり」、「せきやたんが出る」、女 平成30年(2018年) 平成13年(2001年)~平成29年(2017年) 札幌市衛生年報. 2019年国民生活基礎調査; 令和2年度人口動態職業・産業調査; 令和2年医師・歯科医師・薬剤師調査のお知らせ; 人口動態統計(確定数) ※合計特殊出生率掲載しています. 約80%である。 2. 看護師国試過去問。【問題4401(第106回改変)】平成28年(2016年)の国民生活基礎調査による有訴者率(人口千対)で正しいのはどれか。看護師国試対策なら、看護roo! 1 [カンゴルー] 28年国民生活基礎調査」に基づき、当省が作成した。 図. 看護師国試過去問。【問題10261(第109回)】平成28年(2016年)の国民生活基礎調査で、男性の有訴者の症状が最も多いのはどれか。看護師国試対策なら、看護roo! 各種統計からみる歯科疾患の重み » 歯科医療費は高血圧や脳血管疾患よりも高額です。歯科疾患の通院率は他の疾患と比較して高い値を示しています。歯や口の自覚症状を持っている国民は約4割います。 2019年国民生活基礎調査; 令和2年度人口動態職業・産業調査; 令和2年医師・歯科医師・薬剤師調査のお知らせ; 人口動態統計(確定数) ※合計特殊出生率掲載しています. 1)熊本県を除いたものである。2)有訴者には入院者は含まないが、分母となる世帯人員数には入院者を含む。3)「月経不順・月経痛」については、女性人口を分母として算出した。4)「総数」には、年 … 男性の方が高い。 3. [カンゴルー] 日常生活に影響のある率(人口1,000人あたりの「現在、健康上の問題で、日常生活動作、外出、家事、学業、運動等に影響のある者(入院者を除く)」は、2013年で258.2と、有訴者率と比べるとおよそ半分と報告されています。 高齢者の要介護者数 参考表 平成25年調査(前回の大規模調査)との比較----- 47 用語の説明 ----- 56 平成28年国民生活基礎調査の結果は、厚生労働省のホームページにも掲載されています。 平成25年度国民生活基礎調査において,女性の腰 痛は118.2(人口千対)と,肩こりについで 番目に 有訴率が高い(厚生労働省2014a).そのなかでも, 労働に起因して発症する腰痛を職業性腰痛という.こ の職業性腰痛は,発生頻度や程度が労働環境や労働様 男女別に有訴者率(※)を見ると、女性特有の体の不調が見えてくる。厚生労働省が公表している平成28年 国民生活基礎調査「Ⅲ 世帯員の健康状況」では、男女別の自覚症状の状況について調べており、男女それぞれ上位5症状は次のようになった。 平成30年(2018年) 平成13年(2001年)~平成29年(2017年) 札幌市衛生年報. 厚生労働省の平成28年国民生活基礎調査の男女別の有訴者率の上位5症状を見てみると、「手足の関節が痛む」という自覚症状がある人の人口千人当たりの割合(有訴者率)は、男性40.7、女性は70.2で男女ともに有訴者率の上位5位以内に入っています 1) (グラフ1、表1)。 ■ヘルスケアビジネスにおけるマーケティングの基本, ウーマンズはヘルスケア業界向けの講演やイベントを通して女性の声を届けています。最新の講演・イベント情報はこちら。, 女性マーケティング視点で読み解く、女性ヘルスケアビジネスニュースサイト【ヘルスケア女性マーケティングのウーマンズラボ】, 【生活行動調査】“withコロナ時代” の女性の日常 家ナカの行動・ニーズ・価値観はどう変化した?, 女性ヘルスケア市場の調査研究・分析に基づいた、各種情報サービスを提供する、女性マーケティング会社「ウーマンズ」が運営する法人向けメディアです。多様化・複雑化・高度化が進む、女性向けヘルスケアビジネスの課題を情報で解決します。女性生活者に売れる商品・サービスのシーズ探索、新規開発事業の検討、販売戦略立案や意思決定の材料としてぜひ当メディアをご活用ください。(, 【健康美容行動調査】365日超多忙の働くママ、一体いつ&どんな健康・美容行動してる?, 【健康行動調査】女性のヘルスケアニーズに変化、コロナ共存で生まれた新たな健康問題と健康行動, 【オンラインセミナー】始まる消費のニューノーマル withコロナ時代の女性マーケティング, 【今週の女性ヘルスケアニュース】“母親の加齢”と“娘の病気”、選択肢は親子共倒れか殺めるか…他, 【今週の女性ヘルスケアニュース】進むSRHR、世界初 ”生理用品無料” を義務化、他, まだプラスチック使ってるの?消費者意識と商品事例から見る、ヘルスケア業界の”脱プラマーケ”, 【メディア掲載】フィットネス業界誌「NEXT」様に当社の調査分析レポートをご利用頂きました. 国民生活基礎調査は、全国の世帯及び世帯員を対象に、保健、医療、福祉、年金、所得等国民生活の基礎的事項を調査し、厚生労働行政の企画及び運営に必要な基礎資料を得ることを目的として、昭和61年を初年として3年ごとに大規模な調査を実施し、中間の各年は簡易な調査を実施しています。 ■うつ傾向がある人が感じる精神的不調と身体的不調とは? 解説:国民生活基礎調査とは3年ごとに国民生活の基礎的事項を調査し、厚生労働行政の企画、運営に必要な基礎資料を得ることを目的とした大規模調査です。 男性の有訴者率は1位、腰痛、2位、肩こり、3位、咳や痰が出る の順になっています。 312.4 4. 平成28年国民生活基礎調査によれば、男性の有訴者率(病気やけが等で自覚症状のある者の割合)は、1位「腰痛」、2位「肩こり」、3位「せきやたんが出る」となっており、女性では、1位「肩こり」、2位「腰痛」、3位「手足の関節が痛む」となっています。 厚生労働省発表の「平成22年 国民生活基礎調査の概況」によると、有訴者率(自覚症状をもっている人の数を人口1,000人あたりでみた割合)は322.2で、10人に3人以上はなんらかの自覚症状をもっていることがわかります。 国民生活基礎調査は、全国の世帯及び世帯員を対象に、保健、医療、福祉、年金、所得等国民生活の基礎的事項を調査し、厚生労働行政の企画及び運営に必要な基礎資料を得ることを目的として、昭和61年を初年として3年ごとに大規模な調査を実施し、中間の各年は簡易な調査を実施しています。 *平成27年『国民医療費の概況』(厚生労働省)より *平成28年『国民生活基礎調査の概況』(厚生労働省)より 有訴者率 男性 (複数回答) 女性 (複数回答) (人口千対) h25年 h28年 (人口千対) h25年 h28年 総数 276.8 271.9 総数 345.3 337.3 1 -① 有訴者率の上位5症状(平成28年度) (注)厚生労働省「平成. 男女で異なる有訴者率と、女性特有の不調 | 女性マーケティング視点で読み解く、女性ヘルスケアビジネスニュースサイト, 男女別に有訴者率(※1)を見ると、女性特有の体の不調が見えてくる。厚生労働省が公表している平成28年 国民生活基礎調査の概況「Ⅲ 世帯員の健康状況(※2)」では、男女別の自覚症状の状況について調べており、男女それぞれ上位5症状は次のようになった。着目したいのは、全体的に女性の有訴者率が高いことと、男女で上位5症状が異なる点。 ※図1、2、3(平成25年国民生活基礎調査の概況。数値は人口千対) 43.5% 55% 46.4% 52.2% 悩みや ストレスがある 悩みや ストレスがある 不詳 1.4% 不詳 1.3% 悩みや ストレスがない 悩みや ストレスがない 男性 女性 女性 0 20 40 60 80 100 120 厚生労働省発表の「平成22年 国民生活基礎調査の概況」によると、有訴者率(自覚症状をもっている人の数を人口1,000人あたりでみた割合)は322.2で、10人に3人以上はなんらかの自覚症状をもっていることがわかります。 [カンゴルー] (×)約50%である。 2 第96回看護師国家試験 平成25年の国民生活基礎調査における65歳以上の有訴者率で正しいのはどれか。 1. 上の高齢者では男女差がなくなる(図1)。また平成10 年の国民生活基礎調査による有訴者率は男性1.9%、女 性4.7%であり、男性では明らかに増加傾向にあるが、 女性では必ずしも増加していない。 排便習慣には個人差が大きく、患者さんが「便秘」とい 厚生労働省発表の「平成19年 国民生活基礎調査の概況」のなかから、有訴者率(自覚症状をもっている人の数を人口1,000人あたりでみた割合)は327.6で、10人に3人以上はなんらかの自覚症状をもっていることがわかります。 高齢者の便秘についてをご紹介します。便秘薬の選び方や腸の仕組みや働き・便秘の解消法などをご紹介。お腹が痛くなりにくく、クセになりにくい非刺激性の酸化マグネシウムe便秘薬登場! 看護師国試過去問。【問題4401(第106回改変)】平成28年(2016年)の国民生活基礎調査による有訴者率(人口千対)で正しいのはどれか。看護師国試対策なら、看護roo! [カンゴルー] 厚生労働省「2019年 国民生活基礎調査」の結果概況が公表された。同調査は、保健、医療、福祉、年金、所得等、国民生活の基礎的事項を調査し、厚生労働行政の企画、立案に必要な基礎資料を得ることを目的とするもので、毎年実施されているが、3年ごと ■働く女性の不調解消法「お金をかけない」ばかりがランクイン? 112.4 3. Ⅳ 国勢調査の結果で用いる用語の解説 ※ 索引は,用語の項目順と,五十音順の2通りあります。 ※ 平成22年国勢調査から,変更になったものについては , 新たに表章することとなったものについては, と 表示してあります。 厚生労働省は2020年7月17日、令和元年版(2019年度版)の「国民生活基礎調査の概況」を発表した。国民生活の基本事項を調査し、各行政の企画や運用に必要な資料を収集する目的で行われているものだが、資料性の高いデータが豊富に盛り込まれており、多数の切り口から実情を知る > 健康・美容チェック > 腰痛 > 日本人の自覚症状の第一位は「腰痛」|人口の約20%が腰痛症状を持っている!?. 全2880問の看護師国家試験コンテンツのページです。国試過去問を第97回から108回まで12年分掲載しています。看護学生の国試対策・国家試験対策なら総合情報サイト【ナースフル看護学生】 *平成28年『国民医療費の概況』(厚生労働省)より *平成28年『国民生活基礎調査の概況』(厚生労働省)より 有訴者率 男性 (複数回答) 女性 (複数回答) (人口千対) h25年 h28年 (人口千対) h25年 h28年 総数 276.8 271.9 総数 345.3 337.3 【女性マーケティングのヒント】病気や怪我で通院している人の割合を示す通院者率(人口千対)。平成28年 国民生活基礎調査(厚生労働省)から、男女別の通院者率と通院の要因となっている傷病 … 25 平成28年〈2016年〉の国民生活基礎調査で、男性の有訴者の症状が最も多いのはどれか。1.腰痛2.物忘れ3.体がだるい4.目のかすみ5.手足の関節が痛む男性では「腰痛」での有訴者率が最も高く、次いで「肩こり」、「せきやたんが出る」、女 【老年】平成22年の国民生活基礎調査における65歳以上の有訴者率で正しいのはどれか。 約80%である。 男性の方が高い。 腰痛が最も高い。 年齢にかかわらずほぼ一定である。 ―――以下解答――― (解答)3 <解説> 1. ■ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ 2007年6月に策定された「がん対策推進基本計画」では、たばこ対策ががんの予防のための重要な施策として位置づけられました。ここでは、「国民健康・栄養調査」および「国民生活基礎調査」*における国および都道府県別の喫煙状況のデータを提供します。 有訴者率、受療率、有病率、罹患率、という指標があります。 今回はこれらについてかんたんに説明します。 参考にしてみてください。 有訴者率とは 有訴者率は、国民生活基礎調査から得られます。 人口千人に対する、病気や怪我で自覚症状がある人がどれくらいいるかの割合です。 国民生活基礎調査. 全2880問の看護師国家試験コンテンツのページです。国試過去問を第97回から108回まで12年分掲載しています。看護学生の国試対策・国家試験対策なら総合情報サイト【ナースフル看護学生】 世帯の構成、国民の保健、医療、福祉、年金、就業、所得などの国民生活の基礎的な事項を調査します。 どの項目を調査するかは年ごとに異なり、3年ごとに大規模な調査を実施します。平成19、22、25年には、病気やケガに関する調査も行われました。 1 -① 有訴者率の上位5症状(平成28年度) (注)厚生労働省「平成. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); by SanDiego PersonalInjuryAttorney(画像:Creative Commons), 厚生労働省が実施した国民生活基礎調査(2013年)によると、腰痛は日本人の自覚症状の第1位であり、人口の約9%が何らかの腰痛症状を持つという。, 国民生活基礎調査(2013年)によれば、日本人の自覚症状の第一位は「腰痛」なのだそうで、人口の約9%が腰痛症状を持っているそうです。, また、その他の厚生労働省の調査によれば、国内の2800万人が腰痛に苦しんでいるそうです。, 膝痛・腰痛・骨折に関する高齢者介護予防のための地域代表性を有する大規模住民コホート追跡研究(平成24年度総括研究報告書、厚生労働科学研究費補助事業)によれば、医師による問診で、過去一か月以内に一日以上続く腰痛を持つと答えたものまたは医師の診察で腰痛を認めたものを腰痛有りとし、その有病率を求めたところ、総数で見ると、腰痛の割合は37.7%(男性34.2%、女性39.4%)で、この有病率を平成22年度国勢調査による性・年齢別人口比率を用いて計算すると、腰痛を持つものは2770万人(男性1210万人、女性1560万人)と推定されています。, 日本の人口が約1億2700万人なので、約20%(国民の5人に1人)が腰痛を抱えているということになります。, 平成28年国民生活基礎調査によれば、男性の有訴者率(病気やけが等で自覚症状のある者の割合)は、1位「腰痛」、2位「肩こり」、3位「せきやたんが出る」となっており、女性では、1位「肩こり」、2位「腰痛」、3位「手足の関節が痛む」となっています。, 順天堂大学の伊藤弘明氏の試算では、職場で発症した腰痛(職業性腰痛)の直接医療費は2011年度で821億円となっている。, ただ、この数字は直接的なものだけで、腰痛によって生産性が下がることを含めると、その数字はもっと多いなものになると予測されます。, これは医療費だけの話であり、腰痛で仕事を休んだり辞めたりしたことによる労働生産力の損失まで含めると、途方もない金額となるはずだ。アメリカでは年間800億ドルもの労働生産力が腰痛のために失われているという試算があり、腰痛は国家的問題だということがここから理解できる。, 健康と生産性の関係によれば、治療にかかる医療費や欠勤による損失よりも、業務遂行障害(プレゼンティーイズム)による損失が大きなコストになっているようです。, グラフには、最も医療コストがかかる10大慢性疾患に対する社員一人あたりの平均支出が表されている。, 医療、欠勤(アブセンティーイズム)、業務遂行障害(プレゼンティーイズム)の三つのコストのうち、治療にかかる医療費や欠勤による損失よりも、プレゼンティーイズムによる損失が大きなコストになっていることがわかる。, 米国でよく比較対照に使われる「アブセンティーイズム」と「プレゼンティーイズム」に注目したい。, 前者は疾病により欠勤している状態であり、後者は出社こそしているものの、何らかの疾病で業務遂行に障害が起き、労働生産性が下がっている状態をいう。, この結果によれば、出勤していても体調不良を感じている社員は労働生産性が下がっており、それが企業の生産性損失コストの多くを占めているようです。, つまり、腰痛を解消することは、個人の健康のためになるだけではなく、企業にとっても、国にとっても重要なことなのです。, 現代人の多くはデスクワークで長時間座る姿勢であることも腰痛の原因の一つかもしれません。, 腰痛や目の疲れの原因はオフィスにあるかも?!によれば、椅子の高さが腰痛の原因となっている可能性があるそうです。, 長時間座った態勢でいるのは体に悪い。しかし、座っていなくては仕事にならないという人は、せめて椅子の高さを自分に適した位置に調節してみてほしい。適した位置とは、体中のすべての関節を90度に曲げた位置。足の裏がしっかりと床につき、膝と腰が90度に曲がった状態になっているかどうかを確認しよう。, イスの高さの適切な位置は、すべての関節を90度に曲げた位置で、足裏がしっかりと床につき、膝と腰が90度に曲がった状態なのだそうです。, また、座る姿勢を長時間することは、身体に良くないということについては何度もこのブログでは取り上げてきました。, 椅子の高さを調整すると同時に、定期的に腰をストレッチしたり、立って体を動かすようにしましょう。, 胞肓(ほうこう)のツボは、足と腰の血行を促し、足の冷えや腰痛に効果があるそうです。, 【ためしてガッテン】肩こり解消ストレッチ(筋膜リリース体操)|肩こりの原因は「筋膜のシワ」?|9月9日によれば、肩こりや腰痛の原因となる「トリガーポイント(痛みを引き起こす箇所)」は筋膜にあることがわかっていて、番組では、生理食塩水の注射を打つだけで、痛みや張りが解消していました。, トリガーとは引き金のことを意味していて、トリガーポイントとは、つまり肩こりや腰痛などの痛みの引き金となる箇所のことを言います。, こちらは、肩こり解消のための筋膜リリース体操ですが、体全体の筋膜を伸ばすことは腰痛解消にもつながるのではないかと思い、紹介させていただきます。, 遠隔リハビリアプリ「REGAIN」|理学療法士と腰痛など身体に不調を持つユーザーをマッチング|メインターゲットは企業, 【ためしてガッテン】肩こり解消ストレッチ(筋膜リリース体操)|肩こりの原因は「筋膜のシワ」?|9月9日, 【ためしてガッテン】肩こり解消ストレッチ(筋膜リリース体操)|肩こりの原因は「筋膜のシワ」?, 肩こりは揉んでも意味がない?筋膜リリース体操で解消しよう!|林先生が驚く初耳学 11月29日, 体のズレ&歪みの原因は筋膜!?「筋膜ほぐし」で歩く効果アップ|林修の今でしょ!講座 10月27日, 痩せたい40代のための効果的に体重(体脂肪率)を減らす方法・ダイエットのやり方(方法). (1から続く) では、75歳以上女性の有訴者率はどうなっているのだろうか?(図3.) 女性には男性には見られない際立った特徴がいくつかある。 1.有訴者率100を超える症状が男性より少ないこと。10人に1人が自覚する症状は、男性は8、 厚生労働省 「平成28年国民生活基礎調査の概況」 ※5: 厚生労働省 「平成26年度国民医療費の概況」 ※6: 内閣府大臣官房政府広報室 政府広報オンライン ※7: 独立行政法人労働政策研究・研修機構 『データブック国際労働比較2017(2015年)』 ※8: who. 厚生労働省「国民生活基礎調査」のページへ (埼玉県での担当:所得票・貯蓄票については福祉政策課、世帯票・健康票・介護票については保健医療政策課) 2013年の有訴者率と比べると、2016年のそれは、80歳以上の男性で29人分減少、70歳代の女性で20人分の減少。劇的とは言わないまでも、ある程度の改善は見える形になってきている。が、残念なことに通院者率はそこまで行き着いていない。 国民生活基礎調査. *平成27年『国民医療費の概況』(厚生労働省)より *平成28年『国民生活基礎調査の概況』(厚生労働省)より 有訴者率 男性 (複数回答) 女性 (複数回答) (人口千対) h25年 h28年 (人口千対) h25年 h28年 総数 276.8 271.9 総数 345.3 337.3 12.4 2. 厚生労働省「国民生活基礎調査」のページへ (埼玉県での担当:所得票・貯蓄票については福祉政策課、世帯票・健康票・介護票については保健医療政策課) 512.4. 図1.は有訴者率を年齢階級別にグラフ化したもの。有訴者とは、病気やけが等で自覚症状がある人のこと。有訴者率とは、人口千人あたり何人が有訴者かを表した数字だ。 年齢階級が上れば上がるほど有訴者率は上昇する。 (2)高齢者の生活実態と特性 ①高齢者の所得 5 資料:厚生労働省「国民生活基礎調査」(平成27年) • 全世帯平均と比較して250万円ほど低く、年金・恩給を受けている人が多い。 所得水準を踏まえつつ、高齢者が利用しやすいサービス提供が必要 1 (1から続く) では、75歳以上女性の有訴者率はどうなっているのだろうか?(図3.) 女性には男性には見られない際立った特徴がいくつかある。 1.有訴者率100を超える症状が男性より少ないこと。10人に1人が自覚する症状は、男性は8、 (注)「有訴者率」とは、病気やけが等で自覚症状のある者の人口千人当たりの割合をいう。 図. 厚生労働省発表の「平成19年 国民生活基礎調査の概況」のなかから、有訴者率(自覚症状をもっている人の数を人口1,000人あたりでみた割合)は327.6で、10人に3人以上はなんらかの自覚症状をもっていることがわかります。 ■業態によって異なる女性の生活習慣 最も不健康な業態は? (※2)2019年4月現在で最新の「世帯員の健康状況」。「世帯員の健康状況」に関して、次回公表は2020年夏頃, 筋肉量が少ないことや体の冷えが要因で、女性に肩こり・腰痛持ちが多いことが知られている通り、調査結果からも、男性よりも女性が圧倒的に多いことがわかる。加えて男性にはなく女性に多い症状が「体がだるい」「頭痛」。生涯にわたり心身が女性ホルモンの影響を受け、さらに自律神経も乱れやすい女性ならではの症状と言えるだろう。, 上の調査結果は全年齢における上位5症状のため、年齢別にランキング化したら異なる結果が出るかもしれないが、「肩こり」「腰痛」「体がだるい」に関しては、年齢関係なく多くの女性が日頃から感じている不調。, 30〜70代女性の健康悩みに関する他の調査結果でも、「肩こり・腰痛」、「疲れが抜けない」、「頭痛がよくある」は上位10位に入っており、また、働く女性を対象にした調査では、「疲れやすい」を感じる人が最も多かった。, 【編集部おすすめ記事】 平成25年(2013年)の国民生活基礎調査による有訴者率(人口千対)で正しいのはどれか。 1. 高齢者の便秘についてをご紹介します。便秘薬の選び方や腸の仕組みや働き・便秘の解消法などをご紹介。お腹が痛くなりにくく、クセになりにくい非刺激性の酸化マグネシウムe便秘薬登場! (注)「有訴者率」とは、病気やけが等で自覚症状のある者の人口千人当たりの割合をいう。 図.