漫画やラノベが毎日更新! 泉鏡花『高野聖 (青空文庫pod』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約10件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。 【電子書籍を読むならbook☆walker(ブックウォーカー)】[作品について]「高野聖」[初出]「新小説 第五年第三巻」春陽堂、1900(明治33)年2月1日[文字遣い種別]新字新仮名 ³ã€ä¸‰å³¶ç”±ç´€å¤«ã‚‰ã«å½±éŸ¿ã‚’与えた。, 現代日本文學大系 5 樋口一葉・明治女流文學・泉鏡花集. 通常価格 : 0 円 (税込) 獲得ポイント : 0 pt. レビューを見る(0) レビューを書く; 対応端末 : Lideo; Win PC; iOS; Android; ブラウザ; 無料で読む; カートに入れる; 無料サンプル ブラウザ試し読み. 無料会員登録 ログイン. この記事では、『高野聖』のあらすじ・解説・感想をまとめています。『高野聖』は、ある旅僧が飛騨の山越えをしたとき、怖ろしく奇妙な体験をしたことを、主人公に話して聞かせる物語です。泉鏡花の代表作として有名で、日本においても幻想・怪奇小説の金字塔といえる作品です。 高野聖 泉鏡太郎 . 高野聖とは、寄付を募るために全国を旅する高野山の僧のこと。この小説では僧が若いときに遭遇した、不思議な体験が語られる。泉鏡花の作品は既に著作権が切れているため、『青空文庫』でも公開されている。 泉鏡花 著 『高野聖』 高野聖 【十七 〜 二十一】 泉鏡花 底本:「ちくま日本文学全集 泉鏡花」筑摩書房 1991(平成3)年10月20日 第1刷 1995(平成7)年8月15日 第2刷 底本の親本:「現代日本文学大系5」筑摩書房 1972(昭和47)年5月15日 初出:「新小説 第五年第三巻」春陽堂 1900(明治33)年2月1日 入力:真先 … 青空文庫で読む ; Amazonで探す ... 泉鏡花『高野聖』 ブログ運営者 shiori 本・映画を中心に、感想や紹介文を綴っていきたいと思います。好きなジャンルはファンタジー、ミステリー、児童文学など。どうぞよろしくお願いします。 新着記事. ウィリアム・ギブスン『ニューロマンサー』ほか. 高野山のお坊さん(宗朝)が旅の道中で知り合った若者に、自分が若い頃に体験した怪奇体験を語るという格好で物語は展開されます。 宗朝は飛騨の山中の茶屋で、若い薬売りに出会います。 この薬売りはネチネチした性格で、下品でとても嫌なヤツでした。 途中で道が分かれていて、「片方は近道だが … Amazonで泉鏡花の高野聖 (青空文庫POD(ポケット版))。アマゾンならポイント還元本が多数。泉鏡花作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また高野聖 (青空文庫POD(ポケット版))もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 「高野聖 」 文字遣い種別: ... その旨をここに記載した上で、そのままの形で作品を公開します。(青空文庫) 作家データ. 青空文庫; 高野聖(新仮名) 無料; 高野聖(新仮名) 作者名 : 泉鏡花. 【電子書籍を読むならbook☆walker(ブックウォーカー)】[作品について]「高野聖」[初出]「新小説 第五年第三巻」春陽堂、1900(明治33)年2月1日[文字遣い種別]新字旧仮名 セーフサーチ 中. 条件. Amazonで泉 鏡花の高野聖 (角川文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。泉 鏡花作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また高野聖 (角川文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, 内容の「奇妙さ」ばかりが注目される鏡花ですが、擬古文の美しさにはほれぼれします。文章には一切のムダがありません。その点、川端康成的かもしれませんが、やはり内容はまだ康成のほうが地に足がついていて、鏡花は"幽玄"であり、立ち込めた霧の中の小説のようです。, やはり言語が昔のもので、話の筋が分からなくなってきます。しかし、解説を読むとどきっとする内容です, "寝る時、上人は帯を解かぬ。勿論衣服も脱がぬ、着たまま円くなって俯向形に腰からすっぽり入って、肩に夜具の袖を掛けると手を突いて畏まった、その様子は我々と反対で、顔に枕をするのである。"1908年発刊の本書は、中国小説『三娘子』に着想を得た著者の最高傑作にして、文体際立つ幻想小説の傑作。, 五つの短編はどれも面白かった。現代は、夜が明るくて、暗く静かで怖かったことを忘れているような気がします。ちょっとそんな所も好きです。, Each of the trees here, any of them big enough to block sun at midday, would crumble into small pieces, turning into even more l, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. Amazonで泉 鏡花の高野聖 (角川文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけま … えあ草紙で読む青空文庫(無料) 著者:泉 鏡花 作品名:高野聖 底本:「ちくま日本文学全集 泉鏡花」 筑摩書房 1991(平成3)年10月20日 初出:「新小説 第五年第三巻」春陽堂、1900(明治33)年2月1日 文字遣い:新字新仮名 アプリ試し読み. 泉 鏡花『高野聖』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約139件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。 Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。, 飛騨から信州へ抜ける街道が突然一面の水に没していた。旅の僧は、杣道を行くという富山の薬売りを追って山道を登り、一軒の家にたどりつく。金沢の伝説に取材した幻想譚。(ご注意:本書はインターネット上の図書館「青空文庫」を基に制作・印刷・製本した書籍です。青空文庫ではボランティアの方々により、原稿の入力、校正が行われています。本書の製作にあたっては、内容の改修や編集をせずそのままの形で書籍化しています。また本書は読者のアクセシビリティを考慮し、ポケット版(9pt)、シニア版(10.5pt)、大活字版(22pt)の3種類の文字サイズで販売されています。お好みでお選びください), 泉 鏡花(いずみ きょうか)[1873年-1939年]本名、鏡太郎。金沢市の生まれ。15歳のときに尾崎紅葉の「二人比丘尼色懺悔」読んで文学に志す。その年に上京し、2年後に尾崎紅葉の弟子として書生生活を送ることとなる。その後、新聞に小説を連載し始め、1895年に『文芸倶楽部』に「夜行巡査」と「外科室」を発表し、文壇での地位を確固たるものとした。その後も「高野聖」「婦系図」「照葉狂言」など、独特のロマンチシズムにあふれた作品を多く発表した。, 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 この電子書籍ファイルは青空文庫のデータをもとに制作しております。 この電子書籍ファイルは青空文庫のデータをもとに制作しております。 電子書籍ストア 累計 490,216タイトル 959,541冊配信! 泉鏡花「高野聖」のあらすじを簡単にご紹介します。内容は、僧が不思議な体験談を語る物語となっています。青年は列車で旅の僧に出会います。旅僧に同行することになり、青年は宿で僧の若いころの行脚での不思議な体験談を聞くのです。 草迷宮 高野聖 泉鏡花集(新潮社) 泉鏡花集(改造社) 近代デジタルライブラリ 歌行燈 鏡花集 鴛鴦帳等 単行本 青空文庫 外科室、国貞えがく、義血侠血、夜行巡査、雛がたり 二三羽――十二三羽、龍潭譚、高野聖、醜婦を呵す 【無料で読める!】高野聖(泉鏡花):青空文庫)ある高野の僧が、飛騨の山越えをしたときの不思議な体験を、寝物語に私に語る。昼なお薄暗い鬱蒼とした森の中、大量の蛇や毛虫、山蛭に襲われ、ようよう辿り着いたのは一軒の山家。そこには摩訶不思議な夫婦が住んでいた。 著者「泉鏡花」のおすすめランキングです。泉鏡花のおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:1873-1939年。小説家。代表作に「高野聖」「草迷宮」「歌行燈… 第一 「 参謀 ... 渠 ( かれ ) は 高野 山 ( かうやさん ) に 籍 ( せき ) を 置 ( お ) くものだといつた、 年配 ( ねんぱい ) 四十五六 ( しじふごろく ) 、 柔和 ( にうわ ) な、 何等 ( なんら ) の 奇 ( き ) も 見 ( み ) えぬ、 可懐 ( なつかし ) い、おと� 高野聖 【十一 〜 十六】 泉鏡花 底本:「ちくま日本文学全集 泉鏡花」筑摩書房 1991(平成3)年10月20日 第1刷 1995(平成7)年8月15日 第2刷 底本の親本:「現代日本文学大系5」筑摩書房 1972(昭和47)年5月15日 初出:「新小説 第五年第三巻」春陽堂 1900(明治33)年2月1日 入力:真先芳秋 校 … 僧とともに宿で一泊することとなった「私」は、僧の旅の体験を聞かせてもらうこととなります。 以下はその僧のお話。 山を越える前に茶屋に寄った僧は、そこで薬屋と出会います。下品なふるまいの薬屋は、僧をさげすむような発言。 彼をおいて出発した僧でしたが、若い薬屋にすぐ追い抜かれてしま …