今回は助動詞mayの文について、中学英語で学習する内容を解説していきます。 may というのは 「~してもよい」「~かもしれない」 という意味を持っています。. “may”と“might”の違いは理解できたでしょうか。 英語を話せる人は皆、こんなにややこしい“may”と“might”の違いを理解して使っているのか!と思っているそこのあなた。 大丈夫です。 英語の助動詞could, would, mayを正しく使い分けるポイント "Can"と"May"の違い. 助動詞の『may』と『should』について勉強してきましたが、いかがでしたでしょうか。 これで表現の幅が広がりましたね。 英語でいろいろな表現ができるようになってくると. それでは、mayの文について例文を交えて詳しく見ていきましょう! 英語で”It’s a problem”の様な文章でbe動詞のみを使うと、100%の可能性を表し、その上、直接的な意味になります。could、mayやmightの様な助動詞を付け加えることで可能性の度合いを変えることができ、和らげた言い方ができます。ただ、mayの意味と使い方は掴みづらいという方が多いです。 友人に、家族に、気持ちが伝わるメッセージを英語で贈りましょう! カードで贈ったり、FB(フェイスブック)やLINEで贈る、ネイティブの挨拶文の例文をご紹介します。 ... May the coming year be special in every way… bringing you the gift of love and excitement. May: メイ : May: 6月 ... 外来語はそのまま発音される傾向にあるからですよ。 ルーツはラテン語ですが読み方は英語に引っ張られているようです。 ノフェンブレだと読みにくいというのもあると思います。 ここではMayとMightについてその意味と使い方を徹底解説していきます。Mayに関してはなんとなく「Maybe=たぶん」という感覚で皆さんも理解していると思いますが、Mightはどうでしょう?MightをMayの過去形と文法書チックに覚え “ May ”は許可を求めていますが、“ Can ”はその場所がタバコを吸っていい場所かどうかを聞いています。 もう1つ分かりやすかった例をあげると買い物をする場面です。 どちらも「〜かもしれない」を表す “may” と “might”。ここで、2つの違いをもう少しみてみましょう。 両者の違いは、ズバリ、可能性の高さの度合い。 may > might “might” は “may” よりも可能性が低い「〜かもしれない」に使われます。 1. Can I sit down? Can I call you?などの「~してもいい」のCanはインフォーマルな言い方です。言い方を変えればカジュアルな言い方、ビジネスなどの場で使うことは避けるべき単語なのです。 一方May I be excused? 英語の助動詞には「can / could / may / might / must / will / would / shall / should / need / dare / have to / ought to / used to」等があります。 これらの助動詞全ての語感(使用場面)を見に付けることができれば、表現や受容の幅が各段に広がることは間違いないでしょう。 中学英語【助動詞】 mayとmaybeの違い 【助動詞】 mayとmaybeの違い mayとmaybeにはどちらも「たぶん・かもしれない」という意味がありますが, 違いがよくわかりません。 会話してても楽しいですね。 今日覚えたフレーズを是非使ってみてください。