アゼルバイジャンはナゴルノ・カラバフ共和国への攻勢を強めており、4日の戦闘では境界ライン付近に広がる9つの農村を新たに奪還したことを国民向けの演説で明らかにした。これに対し、ナゴルノ・カラバフ共和国側は全面戦争も辞さない姿勢を示している。 今回の戦争で戦線を前進させる原動力となったのは戦車だと考えている (もちろんアルメニア軍の戦車を削った点でドローンは重要). アゼルバイジャンのナゴルノ・カラバフ自治州で大規模な戦闘が起きました。数十年来の係争地において危険な戦闘が再開したのです。馴染みのない「アゼルバイジャン」と「アルメニア」という二つの国がどういう国で、なぜ戦争になっているのかをまとめました。 → ドローン戦争、アルメニア軍苦境はアゼルバイジャン軍のuavが原因? → ナゴルノ紛争は現代戦闘の見本市 ドローン駆使、snsでプロパガンダ流布 → 比較的安価なうえ戦車も撃退できる「自爆型ドローン … アゼルバイジャンの陸軍は弱いと言われていて. 戦争でドローン主体になったら人間の兵士は出番がなくなる。 ドローン戦争になったら勝敗は国の資金力で決まる、と 19 不思議な名無しさん :2020年10月20日 15:53 ID:jMB.ZD1E0 * 今回アゼルバイジャンが使ったトルコ製のドローンもシリアで散々実戦経験積んだのを アゼルバイジャンに売り込んだ ・・・事になってるんだが、実は少し前までトルコとアゼルバイジャンは合同軍事演習をアゼルバイジャンでやっててな (もしも、今回のアゼルバイジャン軍のドローンによる電撃戦でアルメニアに勝利するとWWⅡのように今までの「戦争」の形態や常識を大きく変える可能性があるのですから何とも不気味。 アゼルバイジャンが、イスラエル製の無人爆破突撃ドローンの驚異に晒されているという現実問題が出てきている。 ロシアは、ダブルスタンダードで、アルメニアの肩を持… ドローン戦争、アルメニア軍苦境はアゼルバイジャン軍のuavが原因? 18 users grandfleet.info コメントを保存する前に 禁止事項と各種制限措置について をご確認ください >>7: ドローン禁止するよりロボコンみたいに場所決めてドローン同士だけで戦争するルールにすればいいんじゃないか? 人が死なないからいいだろ とりあえず戦争したって事実だけでいくらか憂さも晴れる >>7: 禁止したところでそれを守る国もないよな 歴史を確認してみると、 ドローンのような無人航空機という発想は第一次世界大戦中からありました。 その後、第二次世界大戦時から研究が 本格化 しています。 実際にドローンを軍事利用することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。 ドローンの用途はもともと軍事用. 以下は現在のアゼルバイジャンで起きてる戦争の様子。 これを見てるとやはりテクノロジーとは人間に幸せを持たらすより、 むしろ破滅に向かわせるものと思える。 戦争というよりゲームじゃないか。。 自爆ドローンで効率良く殺傷。 今回の戦争で森にこもってアゼルバイジャン軍と戦っていたパルチザンの青年(23歳)は、華奢な体にもかかわらず、重量28㎏の対空高射砲を肩に掛け、敵のロケット弾やドローンを迎撃した。 アゼルバイジャン 国防省は9月27日に戦闘が始まると、その翌日から、ドローンを使った攻撃の動画を公式 フェイスブックにアップし始めた。その数は90本を超す。 大半は上空から偵察用ドローンで … ドローンばっかり注目している人が多いと思うが. アルメニアとアゼルバイジャンは戦争状態にある。アゼルバイジャンはドローンを使用して、戦果をあげているように見える。俺がドローンの使用を見たあと、俺は戦場(battlefield)とは何であるかと疑問に思った。以下で、俺は戦場をどのように認 だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン 42 :2020/09/28(月) 21:59:03.27 ID:HAtmjgbSM.net ドローンなら落とされても誰も怪我しないしな こっちだけ生き死に賭けてるのに相手はテレビゲーム感覚や 43 :2020/09/28(月) 21:59:04.62 ID:cBK9Pb6W0.net もう戦車とかいらないな まずは先手を打ったアゼルバイジャンの無人機事情から見ていこう。アゼルバイジャンの後ろ盾は同じチュルク系民族のトルコで、ドローン戦争の主役となっているのがトルコのバーカー社が開発したバイラクタルtb2無人機だ。 ドローン(無人機)が世界各地の戦争の形を変えている。 ... ドローンが盛んに使われた最近の例は、旧ソ連のアゼルバイジャンとアルメニアの間で26年ぶりに大規模な衝突が起きたナゴルノ・カラバフ地域をめぐる紛争だ。