どうでもいい現代ロイエド子設定 エディ 十六歳。都内某所の進学校通い。 成績は優秀。 細身で美人だが、本人に全く自覚なし。 話によってはロイと結婚してたりしてなかったり。 胸が小さいのと身長が低いのを気にしている。 ロイ 多分三十代前半。 第六話 士官学校探訪 帝国暦476年7月8日 オーディン 帝国軍士官学校 アルノルト・フォン・フライエンフェルフ中将 本年度の士官学校入校式に、皇帝陛下のご臨席を、賜る事になった。 ロイの独白に、ジェレミーは軍人になるということの厳しさを まざまざと突きつけられた気がした。上官命令がすべて。 自分は、果たして同じことができるだろうか。 しかも先ほどロイは、若さゆえの青臭い夢を持って士官学校に入ったと言っていた。 It includes tags such as "ロイエド", "長編" and more. ロイ・ヒューズ16歳(士官学校入学頃)。ジャン11歳 1904年 ロイ・ヒューズ19歳、士官学校最終学年の実習(曹長)。ジャン14歳 1905年 ロイ・ヒューズ卒業、軍人に。ホークアイ氏死去。ロイ、焔の錬金術を託される 1906~7年 ロイ、国家錬金術師に。 ロイロノート・スクールは、すべての授業で使える「思考力」「プレゼン力」「英語4技能」を育てる授業支援クラウドです。新学習指導要領に最適なアクティブラーニングを実現します。iOS(iPhone, iPad)、Windows、Android、Chromebookなどマルチプラットフォーム対応。 ロイは、一枚の紙切れをエドワードに差し出す。 それに目を通したエドワードとアルフォンスは、訝しげにロイを見つめた。 そこに書かれていたのは、セントラルにある士官学校の資料だった。 兄弟の探るような視線を受け、ロイは言った。 7 of the novel series "In His World". つまり、 ロイ子 です(笑) なんだろー。 なんでだろー。 女体化って今までまったくもって興味なかったジャンルなんだけど、 国家錬金術師エド@非常勤講師(22歳)x士官学校生ロイ子@国家錬金術師候補生(16歳) とか、 豆子 - FC2; ロイエド子 - gozaru.jp #ロイエド #ロイ ロイエド - Novel by yukiyukiyukiya - pixiv; エド子はばれるまでがたのしい - side-b.jp; #Ed x Roy - あいる's novels - pixiv. 士官学校パラレル. ロイとは仲良しさんだったり。 でも、エドの正式な階級や東方司令部に配属される事は知らなかった。 何て言うか、ホークアイ男体化でロイエド子+リザエド子+ヒューエドをしてみようかと熱に浮かされた頭で考えてみたり。 「我が家の家族団欒の時間を邪魔して楽しいか、ロイ」 『…私の仕事の邪魔は楽しいか?ヒューズ』 思ったとおり、あっちも相当不機嫌だった。米神辺りに浮いた青筋まで目に浮かびそうである。 エドワードが客室に引っ込んでくれるのを待っていたので、実は結構な遅い時間になっている。 制服を単品で見ている分にはまったく気にならないのですが、設定がアメストリスの士官学校だよ? アメストリス軍の軍服とあそこまでかけ離れたデザインと色ってどうよ? と思うわけです。 コンセプトが全然別物じゃん。 ネクタイとかシャツのデザインとかズボンのラインとか違いすぎ。 � ┣同人・ロイ子・女体化という意味が分からない、不愉快と感じる方。 ┣ロイ受け自体が嫌な方。 ┣中荒し、中傷目的で来た方。 ┣公共の場(学校等)にあるpcから観覧している方。 ┗犯罪に繋がるようなサイトを宣伝しに来た方。 人魚としてずっと生きてきた俺とロイが付き合い始めて半年が過ぎようとしていた中で…今日、2月14日いわ ロイエド子(short) 携帯ホームページ フォレスト 軍学校(ぐんがっこう)とは、軍隊など軍事組織の学校である。 学校の形態、制度等は時代や国あるいは軍事組織の種類によって異なるが、大別すると軍人(またはそれに類する者)を補充するための養成教育を主とする学校と、より高度な技能や知識の教育を主とする学校がある。 !君」 「なっなんだよ・・! ロイエド 原作設定 「ただいま」 深夜も日付けを跨ごうとする時間に、家の主であるロイ・マスタングは帰宅した。残業続きで疲れきった体を引きずるように家に入れ、帰った旨を口にする。 The novel "小話、的な。" includes tags such as "ロイエド", "鋼の錬金術師" and more. 花橘 【君がいる場所】ロイエド士官学校パラレルp232 第1版の購入・売買の前に価格相場を調べてみませんか?オークファンなら新品から中古まであらゆる商品の価格を徹底比較できます! 士官学校時代~軍人設定、捏造系 ロイとエドが2歳差。 士官学校の同期生という年齢も設定も全て捏造。 エドワードが暗め。 長編。 ※他の連載モノを優先させるので更新は亀の歩みです。 それでもよろしければ‥‥。 傾向:シリアス強め+エド受、H有(16r~18r予定) cp 「入学願書が提出されていたが、どういった風の吹きまわしかね?」 手を身体の後ろで組んだ男は、天井まで届く書棚を背にするようにして振り返った。 !」 エドの腕を掴み引き止められたがあんな美人とイチャついてるのにどうして俺が引き止められないと いけないんだ?と不満げの顔でロイを見ていた。 「後で元に戻った祝� "【ロイエド】In His World 7(終)" is episode no. そういってエドはロイの執務室から出て行ってしまった。 「あっ!鋼の大将!」 「待ちたまえ! ロイもじっとしておられず、エドの捜索をしていた。 辺りを探してもエドの行方は分からずじまい。 まだ司令部内にいる のか。 もしそうだとしたら、司令部内を捜索中の人が見付けているはず。 だがまだ連絡はこず。 「なぜ一つも情報がないんだ。司令部内で起きたんだ。誰か一人でもいる 普段は、若い士官学校上がりと自分を侮る伍長達が先を争って通信機に駆け寄る。 技官なら自分よりも階級が上でも一応の指揮系統はジャン・ハボック少尉に一任される。それがたとえ佐官でもだ。 技官の少佐様にはその技術で持って役立ってくれればいいのだ。そう思っていた。しかし、し�