加害者側の保険会社から治療期間の打ち切りを申し出られた!など、治療期間でトラブルになっている方へ。交通事故の損害賠償請求で「治療期間」が重要な理由、ケガの症状ごとの治療期間の目安、保険会社とトラブルになったときの対処法について解説していきます。 交通事故の被害に遭われた場合、保険会社と交渉することになります。 しかし、いざ保険会社と示談交渉するにあたっては、 交通事故で各保険から保険金を受け取るまでの流れは? 保険会社との示談交渉で注意すべきポイントは? など、わからないことばかりのはずです。 電話: 011-261-5715. 以上のように、被害者側でも弁護士に委任することはメリットが大きく、加害者側の保険会社が弁護士に委任した場合の対策としては、非常に効果的といえます。 交通事故における対応 >>交通事故の示談交渉でも弁護士に依頼した方がいい? >>交通事故の相手が弁護士を立てた?被害者な 車線変更をしていた車に、気づくのが遅れてぶつかってしまい、被害者が大怪我を負った。「大きな事故だし、前科がついてしまうかもしれない。」このような不安をお持ちの方。今回の記事では、交通事故の前科を中心に、前科がもたらす影響や交通事故の裁判などを説明していきます。 その中でも軽微(ここがむかつくけどね)なものなら、一刻も早く忘れたいのでしょう。 まぁ、トピ主さんをはじめ、このトピックを読んだりし 交通事故の被害者になったら必ず避けて通れないのが相手保険会社との交渉です。 相手保険会社との交渉は、「自分は被害者だからすべてにおいて有利な立場になれる」と思ったら大間違い。 初回の電話で言ってはいけないngワードを口に・・・ 運の悪い人ほどその後、 交通事故に遭いやす もしも追突事故の被害に遭ってしまったとき、被害者と加害者それぞれの過失割合はどのようにして決まるのでしょうか? 一般的に、交通事故の過失割合は被害者と加害者の保険会社が話し合って決めます。具体的には保険会社が「〇対〇となります。良いですか?」などと言ってきて、事故� もしも追突事故の被害に遭ってしまったとき、被害者と加害者それぞれの過失割合はどのようにして決まるのでしょうか? 一般的に、交通事故の過失割合は被害者と加害者の保険会社が話し合って決めます。具体的には保険会社が「〇対〇となります。良いですか?」などと言ってきて、事故� ※物損事故、交通事故 加害者(過失の高い方)のご相談は受けておりません。 ※この番号での交通事故以外の法律相談は受けておりません。 解決事例1 示談金が340万円増額したケース. 追突事故の慰謝料には3種類の算出基準があり、どの基準が適用されるかによって慰謝料の金額は変わります。 大半の事故では、加害者側の保険会社から補償を受けることになるため、任意保険基準で補償額が算定されて提示されるケースが多いです。 他方、弁護士に依頼した場合には、弁護士基準で算定した金額で補償を請求してもらうことが期待できます。ここでは、それぞれの基準の慰謝料相場をご紹介します。 実際に告訴が認められ、加害者を起訴できるとは限りません。, 民事訴訟においては、一旦示談に合意してしまえば、それが重要な裁判の証拠となってしまうのです。, 「加害者の不誠実な態度が我慢できない!」と感じたのが示談の交渉中であれば、決して妥協せず、求める慰謝料の金額を増額させることもできます。, 慰謝料は、精神的な苦痛に対して支払われる賠償金ともなりますので、不誠実な加害者に増額を求めてしかるべきものです。, 決して諦めて折れることなく、交渉を続けることが、結果として加害者を罰することにもつながります。, 弁護士を雇う金銭的な余裕がなくて、諦めてしまう被害者の方もいるかもしれませんが、法テラスの「民事法律扶助業務制度」などを利用すれば、無料相談や弁護士費用立て替えを受けることができます。, 正しい法知識と手続きを行えば、加害者に精神的かつ金銭的な罰則を与えることは可能となるのです。, 「保険会社の慰謝料提示額が適正なの?」疑問があるなら、まずは下記の自動計算シミュレーションで弁護士基準の慰謝料額を確認してみてください。, 着手金・相談料0円 その理由としましてはやはり交通事故というものは加害者被害者ともに心身ともに大きなダメージを受けることになるからです。 場合によってはどちらかの命を奪うような事故に発展するケースもございます。 このようなことが発生しないためにも教習所というものが存在します。 当然のんび 交通事故の話題には、必ず被害者と加害者が登場します。では、被害者と加害者はどのように区別するのでしょうか? 一般に、その交通事故における過失割合が大きい者を加害者、過失割合が小さい者を被害者と呼んでいることが多いです。 交通事故では、保険会社と示談交渉を進めていかねばなりませんが、その際、相手の保険会社の対応に納得できず、様々な悩みやストレスを抱えている被害者の方が多数おられます。今回は、そんな方たちのために、交通事故で保険会社の対応に納得できない場合の対処方法をご紹介します。 仕事中に職場の上司やお客さんから暴力を振るわれてけがをした場合、労災に認定されるのでしょうか。第三者行為災害でも私怨や恣意的行為の場合、また示談したようなケースでは労災にならないことも … 警察庁 統計表のページに交通事故の統計がまとまっています。 この中で、年齢別の事故の傾向を知るには「年報」欄のデータを見ると良いです。 その中でも「事故を引き起こした運転者」に焦点を当てているのが【交通死亡事故の特徴について】と【交通死亡事故の発生状況及び道路交通法違反取締り状況等について】です。 それ以外のデータは「被害者」の視点から論じているものもありますので、今回のように運転者の年齢別 … 交通事故で追突事故を起こされ,あなたが怪我をしたとき,あなたは誰に対して,被害の回復を請求することができるでしょうか? まず,①追突してきたクルマの加害運転者に損害賠償請求できます。事故を起こした当事者なのですから,弁償しなければならないのは当然でしょう。 保険会社はあくまで加害者側の立場にいるから . 交通事故によって加害者と被害者の双方に過失がある場合もあります。例えば信号を無視して交差点を歩行中に車と衝突してしまったといった場合は被害者に対する過失割合が高くなります。 自賠責保険は任意保険とは異なり、過失割合の設定が比較的緩やかです。そのため、過失割合が被害� 交通事故慰謝料3つの基準と計算式; 交通事故発生から損害賠償請求〜示談までの流れ; あなたが保険会社から早々に治療費を打ち切られる理由〜dmk136; 保険会社と示談交渉するときの3つの心構え 【まとめ】交通事故被害にあったら弁護士に相談すべき理由 札幌市中央区南1条西10丁目6番地タイムスビル3階. 六歳の長男を交通事故で亡くしました。昼間に長男の友達と親が家に来て徒歩5分くらいの公園で遊ぶ予定でした。私は書類の記入で手が離せなく10分程度ですぐ追いかけるつもりでしたが。ですが居眠り運 … 交通事故の被害者になったら必ず避けて通れないのが相手保険会社との交渉です。 相手保険会社との交渉は、「自分は被害者だからすべてにおいて有利な立場になれる」と思ったら大間違い。 初回の電話で言ってはいけないngワードを口に・・・ 交通事故による保険会社との対応はどのような流れで行うのでしょうか。保険会社の対応が悪いとストレスにもなると思います。今回は、保険会社とのやり取りについて、保険会社との対応の流れ、保険会社との対応で注意すべきことなどについて書いていきます。 HOME » 加害者に刑罰を与えたい » 交通事故の加害者が許せない!刑罰を与えたい!と考えるなら, 加害者が不誠実な対応を示してきた場合、示談には絶対に合意しないことが大事となります。弁護士の力を借りて調停・裁判へと進まないと、本当の意味で加害者に罰則を与えることはできないためです。一旦合意してしまった示談内容はほとんど取り消すことができません。, 加害者が加入する任意保険の示談代行サービスなどを利用し、加害者側は保険会社が派遣してくる示談交渉専門の担当者が、被害者との話し合いにあたるといったパターンが普通になってきました。, 事故解決の専門家が間に入った方が、示談交渉がスムーズに進むこともあるのですが、事故後に加害者が一度も謝罪に来ないという事で割り切れない気持ちになる被害者も少なくありません。, 加害者が示談交渉をすべて保険会社に任せっきりにした場合、往々にして「加害者に誠意が見られない!」「謝意くらい示したらどうか?」「態度が悪過ぎる!」と被害者の心証が悪くなることがあります。, そのような事態が発生した場合、保険会社の交渉担当員が気を利かせて、加害者の詫び状の一本でも持ってくればまだ良いのですが、示談交渉を保険会社に丸投げして、本当に何もしない加害者もいるのです。, 2016(平成28)年の交通事故発生件数は、499,232件で、負傷者数は617,931人、死者数は3,904人でした。, 加害者に損害賠償責任が発生する交通事故の約9割は示談で解決すると言われていますが、言い換えてみれば、残りの1割は調停や裁判といった、問題解決の方法を取っていることになります。件数にしてみれば、かなり多いということが分かります。, 交通事故に遭う前は、調停や裁判といった世界はまるで縁のないものでしたが、不幸にも事故に遭ってしまった限りは、大げさと言っても良いほどの手段を持って戦うべきでしょう。, 数カ月で元の生活が取り戻せるような軽傷事故ならまだしも、一生後遺障害を背負って生きていかなくてはいけなかったり、大切な人を亡くしてしまったりする重大事故においては、弁護士の力を借りて可能な限りの損害賠償を得るべきでしょう。, 前述の通り、加害者自身が示談交渉の場に出てくることは少なくなりました。しかしいくら保険会社の交渉担当員を間に挟んだとしても、加害者の罪の意識や反省の態度は伝わってくるものです。それは提示してくる損害賠償の金額に表れたり、金額以外の部分で感じ取られたりします。, 提示された金額や支払い条件が、誠意のあるものかどうかは、相場を知らないと判断がつきません。, しかし実際にかかった治療費などはさておき、どこまで請求することが認められるのか、また慰謝料の相場などは一般的にはあまり知られていません。, 本サイトの【交通事故問題 示談編】や【交通事故の損害賠償】を参考にして、ある程度の相場を知っておきましょう。, いわゆる自賠責基準そのままの、あまりにも低すぎる金額を提示してくるようならば、加害者の誠意がないということになりますので、示談には応じるべきではありません。, 交通事故の損害賠償金額には、自賠責基準、任意保険基準、弁護士(裁判)基準といった金額の基準があります。そしてある程度、事故の状況や負傷の内容、治療期間や後遺障害のあるなしなどの要素が勘案され、損害賠償金額の相場というものが決まっています。, 「弁護士に依頼すると損害賠償金が上がる」といった文言をよく見聞きすると思いますが、その通り、損害賠償の額は、自賠責基準≦任意保険基準<弁護士(裁判)基準という図式で表されます。, 弁護士に交渉を依頼すれば弁護士費用などがかかりますが、それだけ多くの損害賠償金を得る可能性が高くなるということです。, 加害者の提示した損害賠償の金額に誠意が感じられない場合は、弁護士に相談することをお薦めします。それが結果的に、加害者に罪の意識を感じさせることにもなるでしょう。, 示談とは民法上の和解の一種で、示談書に署名捺印することで交通事故の損害賠償に関する合意を行うものです。そして一旦合意してしまうと、内容を変更したり取り消したりすることが非常に難しいものとなります。, 安易に妥協せずに、損害賠償金額が本当に妥当なものなのか、その金額で生活を再建させることができるのかを考え、合意は慎重に行うべきです。, もちろん表向きの金額だけではなく、加害者本人の誠意や謝意を求めるのも良いでしょう。, 示談で合意してしまえば、その先の調停や裁判に進むことはかなり難しくなりますので、損害賠償の額については弁護士のアドバイスを得て、加害者の態度については本当に受け入れられるものかどうかを熟考して、示談に応じるべきです。, 一般的な交通事故の場合には損害賠償請求権に3年の時効がありますが、慌てて示談に応じずにじっくりと考える余裕はあるでしょう。, もし示談に合意してしまったら、「やっぱり加害者を許せない!」と被害者が考えても、加害者を罰するためにできることは非常に限定的です。, 加害者の代理人となる保険会社の担当員の押しに負けて、十分な損害賠償を得られずに渋々示談に合意してしまった被害者も実在します。しかし加害者がまったく反省していないと知り、「訴えて刑務所に送り込みたい!」と考えても、被害者ができることはないに等しいのです。, せいぜいインターネットのホームページや掲示板にやるせない気持ちを書き込むか、友人知人に愚痴をこぼすくらいしかありません。, そういう不心得者に対して二度と過ちを犯さないよう、しっかりとした刑罰を受けさせる方法は非常に少なく、かつ可能性は低いものになると言わざるを得ません。, 刑事および民事において、交通事故の加害者に刑罰を科す方法はいろいろありますが、ケースによって使える方法が限定的となることと、報復の意思を持って訴えを起こした時に被害者の望み通りの結果となるとは限らないからです。, 刑事訴訟において加害者を起訴できるのは検察となり、被害者ができるのは警察・検察への告訴まで。 交通事故の加害者からのお詫びが全くない時、もしくは電話1本の場合、または菓子折りや現金でお詫びの気持ちを示してくるケースなどがあります。事故の内容によっては被害者にも過失があり、加害者が反省しないこともあるでしょう。交通事故で加害者がお詫び 同じ交通事故を見たと言うきっかけでも、 感性が違う彼ら二人は、 今後の人生で大きく変わってしまいます。 自分を戒めた運のいい人は その後、交通事故に遭いにくくなり、 事故を避ける確率が上がります。 何も気づかないで過ごしてしまった. 当協会には、『被害者であるのに、加害者扱いされて困っている』という依頼が多くあります。 どう考えても、依頼者は被害者であるのに、損害保険調査会社(リサーチ会社)が勝手に決めた過失割合では、相手方の加害者よりも、過失割合が大きくなっていました。 当然に、依頼者にとって� 相手の保険会社の契約者は相手方であり、あくまで加害者側の立場で連絡をしています。 被害者と加害者は事故補償を巡って利害が対立する関係にありますので、どうしても認識や見解の違いが生じます。このような対立構造の中で相手が自分� 高齢者の運転ミスによる痛ましい事故が起こる度に話題になる高齢者の交通事故率。果たして他の年代よりも多いのでしょうか?警察庁の交通事故統計表から平成30年度の最新データを抽出していきます。 交通事故による保険会社との対応はどのような流れで行うのでしょうか。保険会社の対応が悪いとストレスにもなると思います。今回は、保険会社とのやり取りについて、保険会社との対応の流れ、保険会社との対応で注意すべきことなどについて書いていきます。 相手の保険会社の契約者は相手方であり、あくまで加害者側の立場で連絡をしています。 被害者と加害者は事故補償を巡って利害が対立する関係にありますので、どうしても認識や見解の違いが生じます。このような対立構造の中で相手が自分� 交通事故の被害に遭われた場合、保険会社と交渉することになります。 しかし、いざ保険会社と示談交渉するにあたっては、 交通事故で各保険から保険金を受け取るまでの流れは? 保険会社との示談交渉で注意すべきポイントは? など、わからないことばかりのはずです。 交通事故の被害にあった場合、損害賠償を加害者側=相手の保険会社に請求することになります。 その場合、ご自身が加入されている任意保険の示談代行サービスを利用できる場合もあります。. 保険会社はあくまで加害者側の立場にいるから . 男性 40代 頸椎捻挫 1年の通院. 男性 40代 頸椎捻挫 1年の通院. 今回の事故状況は、優先道路(県道)を走行していたaさんに、脇道から出てきて優先道路を横断しようとしたbさんが衝突してきたというものです。双方ともにスピードはでておらず、おケガがないのは何よりでした。 もちろん、優先道路を走行していたa ※物損事故、交通事故 加害者(過失の高い方)のご相談は受けておりません。 ※この番号での交通事故以外の法律相談は受けておりません。 解決事例1 示談金が340万円増額したケース. 当協会には、『被害者であるのに、加害者扱いされて困っている』という依頼が多くあります。 どう考えても、依頼者は被害者であるのに、損害保険調査会社(リサーチ会社)が勝手に決めた過失割合では、相手方の加害者よりも、過失割合が大きくなっていました。 当然に、依頼者にとって� 執行猶予期間としてはもっとも長い5年が言い渡されたこともあり、法律家をはじめメディアは、今回の判決について、 「事故後も飲酒を続けていたことがわかり、悪質性が高いと判断されため、示談が成立している交通事件としてはかなり厳しい判決になった」 という見方をしています。 一方、飲酒や酒気帯び運転による交通事件によって被害を受けた被害者や遺族からは、複雑な思いが寄せられています。 「今回、被害者の方が軽傷で済んだのは不幸中の幸いで、あくまでも偶然の結果に過ぎません。一 … 交通事故で追突事故を起こされ,あなたが怪我をしたとき,あなたは誰に対して,被害の回復を請求することができるでしょうか? まず,①追突してきたクルマの加害運転者に損害賠償請求できます。事故を起こした当事者なのですから,弁償しなければならないのは当然でしょう。 交通違反や事故だけでなく、病気などによっても車の運転免許が取り消しになることがあります。免許の取消処分を受けた場合は、再取得のために講習や試験を受けることになるでしょう。 免許の再取得しない場合は、車の売却を検討するという選択肢もあります。売却方法も中古車買取やオ� 交通事故はどうしても夜から深夜に起こりやすいものです。 その時に、しっかりと初期対応してくれる保険会社のほうが安心ですよね! 電話対応の丁寧さ . 六歳の長男を交通事故で亡くしました。昼間に長男の友達と親が家に来て徒歩5分くらいの公園で遊ぶ予定でした。私は書類の記入で手が離せなく10分程度ですぐ追いかけるつもりでしたが。ですが居眠り運 … 交通事故の法律 - 先日車を運転していて細い道路で右フロントのタイヤが脱輪してしまいました。私はjafに入会していたので、すぐに電話して救援依頼をしました。電話してまもなく近くに住んでいると思われる男 交通事故で加害者となった場合の対処法についてご紹介します。 札幌の地域に根ざした弁護士として、1人1人の相談を大切にし、迅速に解決します。 地下鉄東西線西11丁目駅より徒歩3分. 交通事故の被害にあった場合、損害賠償を加害者側=相手の保険会社に請求することになります。 その場合、ご自身が加入されている任意保険の示談代行サービスを利用できる場合もあります。. 交通事故に遭う前は、調停や裁判といった世界はまるで縁のないものでしたが、不幸にも事故に遭ってしまった限りは、大げさと言っても良いほどの手段を持って戦うべきでしょう。 数カ月で元の生活が取り戻せるような軽傷事故ならまだしも、一生後遺障害を背負って生きていかなくてはい� こんにちは。自動車事故(一方的にぶつけられたのですが。)にも関わらずt字路のため、自分にも過失があると言われているものです。本当にむかつく話で、毎日切れっぱなしです。最初主張したことを、相手はコロコロと変えてゆき、自分に 交通事故に遭えば、多くの人が感情的になったり納得せずに無理な主張をしてきます。 しかし保険会社の担当者は、数多くの案件を扱っているため、経験も豊富でそういった相手にも慣れています。 ところが保険会社は、これ以上の対応は難しいと判断した時には、弁護士に委任することがあります。 主に次のような場合が考えられます。 到底無理なことを要求し続け、保険会社の担当者では対応しきれなくなった場合。 本社に電話をしたりメールでクレームを送ったり、会社の上層部を出せ!などと何度もク … その中でも軽微(ここがむかつくけどね)なものなら、一刻も早く忘れたいのでしょう。 まぁ、トピ主さんをはじめ、このトピックを読んだりし どうも!8ヶ月の間に交通事故に3回もあって保険会社と揉めまくっているAtusiです!, この記事がありがたいことにツイッターの方でかなり拡散してもらえたみたいで、大勢の方に保険会社のクソっぷりを知って頂けてありがたい話です     上の記事で保険会社は知識のない人間を騙そうとしてくるという旨を書きましたが、実は私がつかれた嘘というのは全然こんなもんじゃないんです   保険会社というのは自分の利益の為に様々な嘘を言って被害者が本来であれば正当に受け取れる慰謝料を減額しようとしてきたりしてきます   あいつらは被害者を様々な手段を使って泣き寝入りをさせるプロですからね     これって詐欺にあたるんじゃないの?って思って警報を調べたら, 一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介! 関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では15000以上の求人があって最大規模なので選択の幅が大きいです! 正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!, ・ウズキャリ(別名・UZUZ)   離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント! 内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き! 遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK! 無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ! 詳細はコチラにて!取材してきました!   ・キャリアスタート, 求人企業への取材を行い、ブラック企業を判別して除外しているエージェントです 元がブラック企業だった会社を指導してホワイト化させることで定着率を上げるという取り組みをやっておられます 転職支援会社300社の中から上位10位を5年連続取得で内定率8割近くの高水準! 関東が強めなのでそちら方面の方はぜひ! 詳細はコチラにて!取材してきました!, ここの記事でも語ったのですが、実際には被害者は通院ペースを落とすことにメリットは何一つありません, 120万というのは自賠責保険の通院上限であって、それを越えた時の為に加害者の任意保険が存在しているんですよね   それどころか通院実績が足りないと慰謝料が少なくなったり治りきらなかった時に後遺症認定する時に不利になります   そうなると正当に受け取れる額が下がってしまいますし、後から気がついても後の祭りにしかならないので無視して通院すべきです, それに通院にかかる通院費も治療費も症状固定するか完治するまでは完全に出させることが出来る真っ当な権利ですので相手に遠慮なんかする必要はないんですよね, これも上記の120万のケースと同時に上記の記事で語っているのですが6ヶ月という期間に根拠って一切ないんですよね   さも「通院は6ヶ月しか認めない」みたいな言い方をしてくるので非常に悪質なんですよね     事故の症状や状況なんて個人でいくらでも変わりますし、一律で固定するというのは少し考えればおかしいことだとすぐに分かります   一応、後遺症認定が最低半年は通院実績がないと認定が通りにくいので、それを基準に喋っているのかもしれませんが、実際は治ってなければそれ以上の通院も可能です     まだ6ヶ月といってくるならマシな方で、私が通院してた時に同時期に足を骨折して松葉杖ついているのに3ヶ月で「今後回復の見込みがない」と症状固定させられて泣き寝入りした人も居ましたね   こうなると後遺症認定も体の一部が無くならない限りは難しいでしょう     こういう状況になれば担当主治医から保険会社に説明してもらうのがいい選択ですね, これは2回目の交通事故の時に加害者の東京海上日動の担当が言った事です     自転車を破損させられたときに、同時に頭を自販機に思いっきりぶつけた時にかぶっていたヘルメットが破損したので、それも合わせて物損請求をしようとした時に言われました   その時のヘルメットの仕様耐久年数が3年とあり、それを過ぎていたのでゴミ同然と言われた訳ですね     実際には仕様耐久年を過ぎたものでも、最低でも10%の価値が認められていますので完全にゼロになるという事はありません   裁判でも最低でも10%という認めた事例がいくつかあるので、それを知った上で話していたのに、完全に     「そんなものは知りません」     と完全にシラを切ってきますからね   保険屋ってのはこっちがちゃんと法律なり基準となる本を読んだ上で、知識をつけて嘘だとわかりきっているのに嘘を貫く姿勢はホントゴミですね   他にも買い替えに必要な経費も上乗せ出来るのですが、そいうことを聞かない限りは絶対にいいませんし、仮に言ってもシラを切る事が多いです     額にもよりますが裁判でも最低10%は認められるという事を全面に出して、納得出来なければ絶対に示談にサインしないようにすべきですね   後は人体がどうもなくても人身に切り替えてそっちで多く慰謝料をとってトータルでプラスにするという方法も考えられます, これも2回目の事故の東京海上日動のゴミが言ってきた事です     これは私が自転車の全損と値段の見積もりを個人の自転車屋さんに依頼していたのですが、どうも額が納得いかないことを自転車屋にしつこく電話をかけて過労とストレスで入院させた事がありました   これに関して猛抗議した時に, 「その件は調査会社がやったことなので圧力を掛けたのは私どもとは無関係です」   「それに実際被害にあったのはあなたでは無くて自転車屋でしょう?」   「私どもが自転車屋に対して圧力を掛けたとして何のメリットがあるのでしょうか?」, という事をいけしゃあしゃあと言ってきました   まるでヤクザが鉄砲玉を送り込んで自分がやってないと言い張るのと同じですね     実際には指示がなければ圧力や嫌がらせをする必要は全くありませんし、私が見積もりを出しているということで全くの無関係ではありません   それどころか仮に自転車屋が気の弱い人で、妨害工作に屈して本来よりも低い見積もりを出すことになればこちらに実被害があるので関係オオアリなんです   そのように妨害して金額を一円でも抑えれれば保険会社のメリットとなるんですよね, これに関しては自転車屋さんが入院中で負担が大きすぎるのであえて被害届は出さなかったのですが、こうなったらもう犯罪の領域ですので警察に相談していいでしょう   ここまで来ると個人で戦う範疇を明らかに超えているので、こちらも弁護士を雇う必要が出てきます, これも二回目の事故の時に東京海上日動が言ってきたことです     私としては相手の過失も自分の過失も正当に出すことで双方の適切な過失割合を示したかっただけなのですが、実際に出てきたのはこちらの過失割合を捏造したものを主張し、向こうの過失割合については一切なしというとんでもないモノを提示されました   その時に, こうなったらこっちも弁護士を介入させるべきですね      過失割合については保険会社は被害者に不当な割合を確実に押し付けてくるものだと見ておいたほうがいいです   私だけでなく、ネットの掲示板とか質問板を見ているとそういう声が多いですからね, これは3回目の事故の時に三井住友海上から言われた言葉です     私自身が交通事故にあったときに、腰のあたりにヒビがはいって歩行が困難な状況のときに、警察署に出向いて実況見分の調書をとらないといけないときに、警察に行くためにタクシーの費用を認めないと言われた時に言われました     実際は交通事故に関して発生した損害を全て補う必要がありますし、私のように歩行困難な状態で、交通事故に合わなければ行く必要がなかった警察署に行く経費というのは当然認められる訳です   必要や相当性があれば全て請求できますし、車であれば代車を出さないというケースが多いですがコレは完全に保険会社が騙してきています     必要性と正当性、それと事故が発せしなければ必要なかった経費だということを主張し、とりあえずはタクシー代などの領収書をとっておいて後から請求するというのがいいですね   後は邪道テクニックとして通院のみ認めるということであれば、通院の最中に大回りして警察署なり行く必要があるところへ行って「通院費です」と言い張る方法もありますね, これは2回目の事故の時に東京海上日動の担当者が私に最後に言った捨て台詞ですね     今まで言われてたことが全てウソだと予めわかっていたのに、それでもシラを切り続けた時に弁護士を介入させると言った時に言われました   まぁ・・・今まで散々嘘ついた担当者なんて一ミリも信用してなかったので、そんなクソ意見をガン無視して弁護士を介入させまして、その後は保険会社が言ったことは全部       と、言わんばかりに事が進みましたね     私の依頼した弁護士さんも     「うわぁ・・・相手ちょっとコレはひどすぎ・・・」     なんて漏らすくらいでした      弁護士を介入させると今までついてた嘘の分だけ保険会社が不利になるので、最後の最後に介入させまいとアニメかドラマのやられた脇役みたいな事を言ったんでしょうね   多分アニメの悪者が言う「覚えてろよ」くらいのカスなセリフなので無視していいです     というかここまで言われるくらい揉めてるのであれば保険会社の言うことなんてミジンコのクソほども信用してないと思いますが・・・, そういう訳で保険会社というのは被害者が何も知らないと思っているので平気で嘘をついて騙してきます   あいつらの押し付けてくる不利な条件は全てウソだと見て疑ってかかったほうがいいでしょう, しかし交通事故なんて一生の内にそう何回も合うことではありませんし、やることや知識が多すぎるので知らないと騙されてしまうということは決して珍しくありません   私も最初の内は勉強して対抗していましたが、相手が嘘付いてるのを完全に見破るまでは出来ましたが、それ以上はシラを切られるとどうしようもありません     そうなるとどうしても専門的な知識を持つ弁護士さんの存在が必要になってきますし、介入させて必要が発生したとしても慰謝料の大幅な増額から入れないときよりも遥かにプラスになる事が大半ですし、裁判をやれば大体は不当に不利を押し付ける保険会社が負けます, 弁護士を介入させるならできるだけ早い段階で介入させたほうが保険会社の詐欺行為にも対抗してもらえますし、最終的にいれるくらいなら最初の方で介入させたほうが得ですね, そして弁護士というのは文字面だけ見れば中々ハードルが高いですが、ある意味ではコンビニにいくようなものですしやってみればそう難しいものでもありません, この「弁護士法人あまた法律事務所」に依頼してみてはどうでしょうか?   弁護士はジャンルによって向き不向きがあり、弁護士であればだれでもいいというわけではなく、やはり専門分野に詳しいところへ依頼するのが一番です      ここであれば交通事故は専門的に取り扱っておられますし、全国対応で相談料も無料であり、料金も決着がついてから慰謝料から支払うので実質な負担はありません   もし慰謝料増額がされない場合は弁護士量もいらない上に1万円の保証金も出るので気軽に相談してみるってのはありだと思います, 交通事故は確実に弁護士を介入させないと保険会社にいいようにやられてしまい、本来受けられるものの半分にも満たないということはよくある話です    やり取りなども専門的なことから保険会社は暴力団まがいのごろつきまで使ってくる可能性があるので、そういう面倒ごとから代行してもらって身を守るという意味でも弁護士は絶対に介入させるべきであり、そのための選択肢としてとりあえず利用されてみてはどうでしょうか?, 交通事故対策マニュアル   このカテゴリで色々と書いていますのでよろしければ是非こちらもどうぞ!, 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。.