0000189674 00000 n 国立社会保障・人目問題研究所は2005伴成17)年6Jj、第13i‖一山生動向農本調査(結婚と出産に閲 する全国調査)を実施した。 この調奄は他の公的統計では把握することのできない結婚ならびに夫婦の王出 国立社会保障・人口問題研究所は、平成27(2015)年に実施した「第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」の 結果報告書(確定値)をとりまとめました。 国立社会保障・人口問題研究所は2005(平成17)年6月、第13回出生動向基本調査(結婚と出産に関 する全国調査)を実施した。 この調査は他の公的統計では把握することのできない結婚ならびに夫婦の出 endstream endobj 1457 0 obj<. 国立社会保障・人口問題研究所 1997.3 特別研究報告資料 = Report on special study project / 厚生省人口問題研究所 第13号 . 0000000813 00000 n ‚é’j«‚à–ñ‚RŠ„‚É, Ž©‰c‹Æ‚Ì’j«–¢¥ŽÒA‚¨‚æ‚Ñ‚«‚傤‚¾‚¢”‚Ì‘½‚¢–¢¥’j—‚ŁAŠó–]Žq‚Ç‚à”‚ª‘½‚¢, A‹Æ‚̏󋵂ɂæ‚èˆÙ‚È‚é–¢¥’j«‚̐e‚Æ‚Ì“¯‹—¦, Žü‚è‚̐l‚ÌŒ‹¥‚âŽqˆç‚Ăɍm’è“I‚Ȑl‚́AŒ‹¥ˆÓ—~‚ª‚â‚⍂‚¢. 国立社会保障・人口問題研究所 2004.2-調査研究報告資料 = Field survey series 第19号, 第24号, 第30号 . 0000191581 00000 n 0000002875 00000 n (資料)国立社会保障・人口問題研究所 「第13回出生動向基本調査(夫婦調査)」 子どもの出生年別、第1子出産前後の妻の就業経歴 第1子出産で、約7割の女性が退職 出産前後で、就労継続をしている女性の割合は、この20年間で殆ど変化なし 国立社会保障・人口問題研究所は2005(平成17)年6月、第13回出生動向基本調査(結婚と出産に関 する全国調査)を実施した。 この調査は他の公的統計では把握することのできない結婚ならびに夫婦の出 国立社会保障・人口問題研究所 2003.10-調査研究報告資料 = Field survey series 第18号, 第23号, 第29号 . 0000003050 00000 n %%EOF 0000148165 00000 n 平成9年 (平9)は「調査研究報告資料第14号」「第11回出生動向基本調査」にあたる また、実際に不妊の検査や治療を受けたことがある(または現在受けている)夫婦は全体で13.4%、子どものいない夫婦では24.3%であった。 不妊を心配したことのある夫婦では出生子ども数が少なく、死流産 … 現代日本の結婚と出産 : 出生動向基本調査(独身者調査ならびに夫婦調査)報告書 国立社会保障・人口問題研究所編集 厚生労働統計協会, 2017.7- 平成27年 (平27)- 資料:国立社会保障・人口問題研究所「出生動向基本調査」 ※年次は調査年。未婚者については、18~34歳の者を対象に集計したもの。夫婦の予定子ども数・理想子ども数は妻が50歳未満の夫婦に係る調査で 回答者は妻。 7 0000002508 00000 n endstream endobj 1478 0 obj<>/Size 1456/Type/XRef>>stream 0000190270 00000 n 0 0000147798 00000 n 資料:国立社会保障・人口問題研究所「第14回出生動向基本調査(独身者調査)」(2011年) 注: 18~34歳未婚者のうち何%の人が各項目を主要な結婚の利点 ( 二つまで選択)として考えているかを 示す。各調査の年は調査を実施した年である。 国立社会保障・人口問題研究所は2005(平成17)年6月、第13回出生動向基本調査(結婚と出産に関 する全国調査)を実施した。 女性の貧困と社会的排除 Aya Abe 阿部彩 国立社会保障・人口問題研究所 1 男女共同参画会議基本問題・影響調査専門調査会 第2回女性と経済WG(H23.4.15) 阿部彩委員提出資料 国立社会保障・人口問題研究所編. 第12回出生動向基本調査 結果の概要. 1456 24 国立社会保障・人口問題研究所の「第14回出生動向基本調査(夫婦調査)」(2010年)に よると、夫婦にたずねた理想的な子供の数(平均理想子供数)は、前回の第13回調査(2005 年)に引き続き低下し、調査開始以降最も低い2.42人となった。 実地調査(社会保障・人口問題基本調査) 出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査) 第15回出生動向基本調査; 結果の目次; ページの先頭へ戻る↑ 0000003012 00000 n 国立社会保障・人口問題研究所は、平成27年国勢調査の確定数が公表されたことを受けて、これを出発点とする新たな全国人口推計(日本の将来推計人口)を行い、 平成29(2017)年4月10日にその結果を … <<54B2B7D1026CFE4DB7E45221E7140FFD>]>> 第13回出生動向基本調査 結婚と出産に関する全国調査--独身者調査の結果概要 金子 隆一 , 釜野 さおり , 大石 亜希子 人口問題研究 62(4), 61-80, 2006 国立社会保障・人口問題研究所 0000190514 00000 n 一人暮らし高齢者の動向 一人暮らしの者 の高齢者人口に 占める割合 女 男 女 男 (千人) 資料:平成17年までは総務省統計局「国勢調査」、平成22年は「国勢調査抽出速報集計結果」、平成27年以降は国立社会保障・人口問題研究所「日本の世帯数 0000002379 00000 n 0000008019 00000 n e��k4���k�#N(Mi��/8E����LPȌ��^E@�k�5�ĕx؍]N��|�T���D�m3��(��2MjB�C��ҵ-������.XH� r�x xref Webcat Plus: 現代日本の結婚と出産 : 第15回出生動向基本調査(独身者調査ならびに夫婦調査)報告書 : 2015年社会保障・人口問題基本調査(結婚と出産に関する全国調査) 2015年社会保障・人口問題基本調査 <結婚と出産に関する全国調査> 第15回出生動向基本調査 結果の概要 担当・内線:人口動向研究部(4472・4474) ダイヤルイン:(03)3595-2984 本調査の結果は、国立社会保障・人口問題研究所のホームページにも掲載されています。 0000002177 00000 n 平成14年度社会保障・人口問題基本調査「第12回出生動向基本調査」の施行 著者 釜野さおり 出版者 国立社会保障・人口問題研究所 出版年月日 2002-06-30 掲載雑誌名 人口問題研究. 出生動向基本調査 : (結婚と出産に関する全国調査) = Japanese national fertility survey||シュッショウ ドウコウ キホン チョウサ : ケッコ … 58(2)(242) 提供制限 インターネット公開 原資料(url) 1456 0 obj <> endobj 実地調査(社会保障・人口問題基本調査) 出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査) この調査は、国内の結婚、出産、子育ての現状と課題を調べるために、当研究所がほぼ5年ごとに実施している全国標本調査 … startxref 子どもがいない夫婦の割合についてです。国立社会保障・人口問題研究所「第14回出生動向基本調査(夫婦調査)」から、夫婦のうち妻の年齢別に見ると、妻が20代の夫婦ではおよそ3割程度が子供がいないということになっています。. 0000003128 00000 n 人口統計資料集 2017年版の調査データです。≫人口統計資料集(注意) 『人口統計資料集2017』は2017年1月末時点における最新の人口統計データに基づき作成しましたが、本書の印刷・発行後、当研究所から『日本の将来推計人口(平成29年推計)』が2017年4月10日付で公表されました。 1479 0 obj<>stream 0000002598 00000 n 資料:国立社会保障・人口問題研究所「出生動向基本調査」 ※年次は調査年。未婚者については、18~34歳の者を対象に集計したもの。夫婦の予定子ども数・理想子ども数は妻が50歳未満の夫婦に係る調査で 回答者は妻。 7 結婚と出産に関する全国調査 夫婦調査の結果概要. %PDF-1.6 %���� 0000000016 00000 n 責任表示および出版者変更: 厚生省人口問題研究所 (昭和62年 (昭62)-平成4年 (平4))→国立社会保障・人口問題研究所 (平成9年 (平9)) 誤植: 平成4年 (平4)の奥付に平成2年と誤植. 国立社会保障・人口問題研究所『出生動向基本調査第i報告書(日本人の結婚と出産)』各回調査による。 注: 第7回調査のみ調査時の妻の年齢40~44歳についての値。他は調査時の妻の年齢40~49歳につい … 第14回調査 (2010年) 第13回調査 (2005年) 第12回調査 (2002年) 第11回調査 (1997年) 第10回調査 (1992年) 第9回調査 (1987年) 資料:国立社会保障・人口問題研究所「出生動向基本調査(独身者調査)」(2015年) 第1-1-15図 独身でいる理由 まだ若過ぎる |��R����΁��wr��c(����1��d�?��P� �`�hk�c;�*�/&ZO�_�T�:cDKt��,N H�V���-�)�f8h��x4"G,�P�ٔm �F�݀�2a�j_ym�v��d��]�G\,�q�O`4:$��)���H�z~/F �4��F�D�g� �q�X~`^���f&�Êr�՛�s�9N�A�{��G2\Y� �]�G�Fa��Q�5rz:���p��� �ㅠz 本報告(第14回出生動向基本調査)の内容に関するお問い合わせは下記まで 国立社会保障・人口問題研究所 担当:人口動向研究部 電話 03-3595-2984 ※お問い合わせの際は「調査名」「担当部署」をご確認下さい。 ※資料の閲覧等については当研究所図書室まで 0000001833 00000 n 0000005348 00000 n 0000189973 00000 n 国立社会保障・人口問題研究所編. Amazon.co.jp: わが国夫婦の結婚過程と出生力 平成22年―出生動向基本調査第14回: 国立社会保障・人口問題研究所: 本 (出所)国立社会保障・人口問題研究所『第15 回出生動向基本調査(夫婦調査)』(2015年)より作成。 4.27 3.5 3.6 2.83 2.65 2.2 2.192.23 2.21 2.21 2.23 2.09 1.96 1.94 0 0.5 1 1.5 2 2.5 3 3.5 4 4.5 1935 1940 1945 1950 1955 1960 1965 1970 1975 1980 1985 1990 1995 2000 2005 2010 2015 2020 人 完結出生 … 0000004880 00000 n 第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査) 2016年9月25日 国立社会保障・人口問題研究所 人口問題研究 第71巻 第1号 (2015年3月刊) 過去情報については、国立社会保障・人口問題研究所ホームページからご覧ください。 国立社会保障・人口問題研究所ホームページはこちら ※公表された集計表は、政府統計の総合窓口e-Statホームページにも掲載されています。 本報告(第13回出生動向基本調査)の内容に関するお問い合わせは下記まで 国立社会保障・人口問題研究所 担当:人口動向研究部 電話 03-3595-2984 ※お問い合わせの際は「調査名」「担当部署」をご確認下さい。 ※資料の閲覧等については当研究所図書室まで 子供のいない夫婦の割合. 0000147499 00000 n trailer わが国独身層の結婚観と家族観. x���1 0ð�lj\�z���f�����sx��9���K| �- �@D�t�hb�v>,�{DEP�D���W&�}��g2��>�;�ăF6����є��,�������k3L�C4�����mG{�^{=2XX?=�3 :�6DNRE�;�q"�y�+q��M�V{�f��SR����E~$؅$I�.��6�*���(NX�����������8��p��ۅW�B���ju�Ic���+~�LC��.X���ɟ�$/���d`]�_v������K��1-;`�Д2H�������2�jV勛yT&{Z\AM%��{>��v�mZLI��^!��)4LϏ-4ϩ#�@e���mU�����kA�a\I���$;^�w ��1���|���� v��q7��[CV�„������l�{�PI���9�`���6���E���ı���]n�Ԙf}���K��5u��g�r�B�p���X�rT)��;K2��w%|��(��ޫ�B�Ƈ��kv�S�]$�= yW��k�ɡ��9̺�����;�6�H$r�zB�/ˤq78k�6��I��! 0000005211 00000 n 国立社会保障・人目問題研究所は2005伴成17)年6Jj、第13i‖一山生動向農本調査(結婚と出産に閲 する全国調査)を実施した。 この調奄は他の公的統計では把握することのできない結婚ならびに夫婦の王出 第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)|国立社会保障・人口問題研究所 12 users www.ipss.go.jp コメントを保存する前に 禁止事項と各種制限措置について をご確認ください 国立社会保障・人口問題研究所は2005(平成17)年6月、第13回出生動向基本調査(結婚と出産に関 する全国調査)を実施した。この調査は他の公的統計では把握することのできない結婚ならびに夫婦の出 0000002040 00000 n 国立社会保障・人口問題研究所は2005(平成17)年6月、第13回出生動向基本調査(結婚と出産に関 する全国調査)を実施した。