サイトマップ; プライバシーポリシー; ホーム. 配偶者特別控除:所得38万円超123万円以下 したがって、配偶者の所得123万円以下に該当すれば、配偶者控除または配偶者特別控除が利用できます。 ※この他に「本人の所得1,000万円以下」という「本人に対する所得制限」もあります。 所得とは「収入」から「必要経費」を引いた金額の合計です。 ただし、給料や年金の場合 … そんな経験から、一人暮らしの悩みや便利なことをご紹介していきます!, 元一流企業で勤めた人で、毎月50万円の年金をもらっている人がいるそうです。前にテレビでみました。そこで今回は、なぜ元一流企業の人が年金50万円も受給されるのかを考えてみます。, そして今では、年金が毎月50万円、受給されるので海外で優雅な暮らしをしているというのをテレビでみました。, そのテレビ番組では、なぜ毎月50万円も、年金がもらえるのかの詳しい説明は、ありませんでした。, ただ、一流企業で勤めていたので毎月、年金が50万円もらえ、そのおかげで海外で優雅な生活をしている。. 公的年金控除については公的年金控除とは?を参照。 給与所得控除については給与所得控除とは?を参照。 基礎控除は全員に適用される控除です。ただし、合計所得金額が2,400万円を超えると減額され、2,500万円を超えると基礎控除は0円になります。 最新の厚生年金の平均支給月額は、男性17万円(年額約130万円)、女性11万円(年額約130万円)となりました。しかし、厚生年金の支給額は現役時代の働き方や収入によって大きく異なります。この記事では、自分の年金額を予測する方法や、将来の年金受給額の増やし方も併せて紹介しています。 35歳の主婦です。我が家の家計についてですが。持ち家あり(築7年)。ローン今秋完済。貯蓄1000万円あり。子供二人。学資保険合計700万加入。保険は夫のが終身保険2500万円。こんなことを踏まえて・・3大資金:教育資金,住宅資金,老後 平均は22万円だが、「15万円未満」から「40万円以上」まで幅広い回答が寄せられている ゆとりある老後生活費は約35万円 夫婦2人で経済的にゆとりのある老後生活を送るための費用である「ゆとりある老後生活費」の平均は月額で「34.9万円」でした。 配偶者控除:所得38万円以下 2. 年金と給料の両方がある場合には「所得」を計算して判定します。 1. 老後を夫婦で暮す場合の生活費は、総務省の平成29年家計調査報告によると、夫65歳以上で妻60歳以上の夫婦のみで、仕事をしていない世帯の毎月の生活費の場合 消費支出:23万5,477円 ・食費:6万4,444円 ・住居:1万3,656円 ・光熱・水道:1万9,267円 夫婦二人暮らし手取り35万円で生活した場合の選択肢は? 一般的な生活費で余裕ある? たぬき妻の皮算帳. 65歳で老齢厚生年金を受け取る時、年間約39万円の加給年金が付くケースがあります。加給年金とは、配偶者が65歳になるまで受け取れる加算です。夫婦間の年の差が大きいと受け取る期間が長くなり、その合計額が数百万円にものぼる可能性があります。 年金受給が開始される65歳以降、20年を超える老後生活が始まります。 実は、多くの方が貯蓄を切り崩しながら老後生活を送っていることをご存知ですか? ここでは、ゆとりある老後生活の生活費がいくら位なのか? いくらの資金を準備しておく必要があるのか、詳しくご紹介します。, 一般的に年金受給がはじまる65歳から、実に男性で約20年、女性で約25年もの長い人生が残っていることになります。, 生命保険文化センターの調査によると、ゆとりある老後のために必要な生活費は下記の通りで、平均は35万円/月となっています。, 総務省「平成28年度 家計調査年報」によると、高齢者無職世帯においての月額の平均収入額は212,241円となっています。そのうち194,649円が社会保障給付(公的年金等)という状況です。, 「ゆとりある老後生活」に必要な生活費は平均35万円/月ということでした、一方、高齢者無職世帯においての月額の平均収入額は212,241円ですから、この場合、「ゆとりある老後生活」を送るには毎月15万円以上を貯蓄から切り崩す必要があるということです。, 上記の例で、65歳の公的年金受給開始時に準備が必要な生活資金を試算してみましょう。, (支出額349,000円-収入額212,241円)×12か月×25年=41,027,700円, となり、約4,100万円の資金を65歳の公的年金受給開始時に準備しておくことが必要ということになります。, 上記の試算はあくまで一例であり、各家庭の収入額や支出額、入院や介護の有無によって必要な貯蓄額は異なります。, 安心して老後生活を送るためには、資金計画を専門家に相談しておくのもひとつの方法です。, 保険相談サロンFLPでは、ファイナンシャルプランナーによる老後生活資金についてのシミュレーションを無料で行っております。, 2007年に株式会社F.L.Pに入社し、現在「保険相談サロンFLP」サイトのプロダクトマネージャーを務める。, ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識と保険コンサルティングの経験を活かし、保険相談サロンFLPサイトの専属ライターとして、本サイトの1500本以上の記事を執筆。, 併せて、保険相談サロンFLP YouTubeチャンネルにてファイナンシャルプランナーとして様々な保険情報の解説も行っている。, ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識と保険コンサルティングの経験を活かし、, 保険相談サロンFLPサイトの専属ライターとして、本サイトの1500本以上の記事を執筆。. この方は持ち家もあるので、夫婦で月30万円の年金があれば、普通に生活できるんだなあと思いました。 でも、今まで国のために税金や年金を払い続けた人です。ご苦労様です。年収500万円を平均、上中下の中と考えたら、この方は年収600~800 老後の年金、いくらもらえるか気になる方は多いのではないでしょうか。国民年金の平均は約5万円、厚生年金+国民年金だと14万円ですが、年代・年収・職業によって受給額は異なります。年金がいくらもらえるのか図表とともにわかりやすく解説します。 ゆとりある老後の生活費は月35万円!65歳時点で4,100万円が必要 (最終更新日:2020年08月20日) 年金受給が開始される65歳以降、20年を超える老後生活が始まります。 実は、多くの方が貯蓄を切り崩しながら老後生活を送っていることをご存知ですか? そんなあなたへのオススメ商品 (鍋じゃなくて禍 [わざわい] だから・・), こんばんは、さしはらタラコです。 65歳からの年金収入には「211万円の壁」があります。夫婦2人世帯で夫の年金が211万円以下になる場合、夫の個人住民税が非課税になります。さらに妻も非課税なら住民税非課税世帯となり、様々なメリットがあります。令和2年の税制改正により、公的年 高齢夫婦の生活費は月額30万円弱かかるため、夫婦で年金30万円程もらえると良いでしょう。給付条件を確認し、年金30万もらうには現役時代の年収がいくら必要なのか見ていきましょう。また、年金夫婦で30万もらう場合、住民税非課税世帯に該当するかどうかも説明します。 「年金だけでは生活できないから、夫婦で2,000万円は老後資金として貯蓄すべき」という金融庁の報告書が話題になっていますが、本当に年金だけで生活していくのは難しいのでしょうか。 実際のところ、夫婦の年金の平均受給額はいくらになるのか、見ていきましょう。 夫婦二人の世帯の場合、世帯主は老齢基礎年金満額の2.5倍超上積み(201万円以下)しても、住民税非課税の対象です。住民税が非課税の場合、「支出を減らし、より有意義なお金の使い方」を選択できるための公の制度あります。 夫婦2人の年金額の合計は、およそ343万5000円です。月額に直すと28万6000円ですから、最低日常生活費の22万円はクリアできるけれども、ゆとりある老後の生活費36万1000円にはちょっと足りません。ゆとりある老後の生活を望むのであれば、ある程度、計画的な貯蓄が必要でしょう。 老後の年金を月20万円貰える人は現役時代は月収幾らだったら年金支給が月20万円になるのですか?勤続20年で満額時給時とします。すみません。老齢基礎年金の基礎数字が間違っていたので、明細を貼り直します。今年度の老齢基礎年金 新米たぬき妻のメモ帳。 生活のお金に関する事、その他メモしておこう。 フォローする. あーあ、最近、コロナ鍋で疲れたなぁ。家にばかりいて「ステイホーム」で飽きてきたなぁ~ 一人暮らし歴、約25年。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); テレビ番組では、多額の年金受給により優雅な生活をしている様子を中心に放送していました。, 老後の優雅な生活もよいのですが、自分が一番興味や疑問に思ったことは「なぜ、元一流企業の人は年金が毎月50万円ももらえるのだろう?」と、これが一番気になりました。, そこで自分は、「なぜ一流企業の人は年金が50万円ももらえるのか?」を自分なりに調べてみることにしました。, このテレビ番組があったころ、数年前に経理関係から労務関係に社内でジョブチェンジした友達がいました。, その友達と飲んだときに飲み話で、この年金が毎月50万円もらえるのは何故か聞いてみました。そうしたら友だちが教えてくれました。, 友達の話では、まず一流企業は年金が3階建てになっているといっていました。この3階建てを分かりやすく図にしてみるとこんな感じです。, さらに彼の話では、3階部分の企業年金は福利厚生なので個人負担はなくタダ。(正確には企業持ち), 一流企業の場合はこの企業年金が、一般企業より手厚いので、それだけの年金がもらえるのではないかと言っていました。, 一流企業の場合は複数の企業年金に入っているので手厚いといっていました。これを聞いて自分は納得しました。, サラリーマンの人、または、サラリーマンをしたことがある人なら、企業年金は聞き覚えがあると思います。, 私の場合は、IT関係のサラリーマンをしていたことがあり、そのときコンピュータ関係の企業年金に会社が加入していたのを覚えています。, 例えば、医療関係で仕事をしていれば、医療関係の企業年金に会社が加入していたりします。, そのほかにも金融系、証券系、物流系など、その職種ごとにあった企業年金に会社が加入しています。, ここでの大まかなポイントは、一流企業の場合は、企業年金が一般企業より手厚いので、企業年金が一般企業より多くもらえるということです。, 今、倉庫でアルバイトをしている自分。この職場にお小遣い稼ぎでくる年配の人がいました。この方は、もう年配なので年金を受け取っています。, その方と年金について話したことがありました。月50万円も年金がもらえるテレビの話について、話したこともありました。, この方と年金について話し、実際に年金を受け取っている方なので、たいへん勉強になりました。, この方の話によると、「毎月50万くらいの稼ぎがあり(手取りか分かりませんが・・)、それで今まで家族を養ってきた。そして年金を払い続けてきた。, この方は持ち家もあるので、夫婦で月30万円の年金があれば、普通に生活できるんだなあと思いました。, でも、今まで国のために税金や年金を払い続けた人です。ご苦労様です。年収500万円を平均、上中下の中と考えたら、この方は年収600~800万円はあったと思います。, 世間の相場から言えば、中の上あたりかなと思います。どちらかといえば、一般よりは上のランクの人だと思います。, また、テレビの話もしたことがありました。そうしたらこの方が、それは厚生年金の掛け金の額が違うからだよと教えてくれました。, 年に支払う税金や年金の額も高額になります。要するに、高額年収であればあるほど高額の年金を支払うことになります。, 国に高額の年金の掛け金を今まで支払っていたので、年金を受け取るとき、高額の年金がもらえると教えてくれました。, 一流企業の人が、なぜ高額の年金を受け取れるのか。それは今まで高額年収で、一般の人より高額の厚生年金を支払ってきたからです。, 高額の年金の掛け金をしてきたので、年金をもらうとき、高額の年金を受給できるということです。, 今の職場に、元証券マンの人がいます。この方は60歳の誕生日を迎えてすぐに、年金の前倒し受給をした人です。, この方は、元証券マンということもあり証券マン時代は、自分の想像ですが話しぶりから1000~3000万円くらいの年収があったようです。, その方のお話ですと、前倒し受給で毎月、このくらいもらえるといっていました。約30万円くらいもらえるといっていました。, また、この方の証券マン時代の先輩は、年金が毎月40万円もらえていいなと言っていました。, このお話も、テレビで見た元一流企業の人がなぜ、年金が毎月50万円もらえるのかという参考になりました。, この証券マンのお話は、お酒を飲んだ席での話なので、正確性は曖昧です。1か月の年金受給ベースなのか、2か月の年金受給ベースで話しているのかがよくわかりません。, この証券マンのお話は、簡単な参考程度のお話としてとらえてください。僕もこの話の信ぴょう性はよくわかりません。, 年金が毎月50万円もらえるという話し。これを実現するには、この元証券マンの方の年金のお話を聞いて、, テレビで紹介されていた人は、元一流企業の人でしたし、実際には年収、2000~3000万円くらいはあったと推測します。, これは、ごく限られた一部のエリートの人だけであり、一般の人はまずムリだと思いました。, 元証券マンの方のお話を聞いて思ったのが、毎月50万円の年金をもらえる人は、企業年金と厚生年金のもらえる額が、一般の人より大きいと思いました。, テレビで年金が毎月50万円も、もらえるという人の話を見て、「どうすれば毎月の年金が50万円ももらえるの?。そういう人がいるの?」, そして、年金の知識が深くなり思ったことは、ごく限られた一部の人だけですけど、実際にいるのだろうと思いました。, 極論からいえば、そのような人は、高収入であり、国に多くの税金と年金を今まで納めてきたから、その見返りとしてもらえるのだなと思いました。, また、当たり前ですが高額年収の一流サラリーマン、たぶん年収2000~3000万円くらいの人でないと実現できないと思いました。, このテレビで取材された方は確かに年金を50万円もらっていると思います。でもこれは昔の人の話です。, 昔の人の話ですから、この年金がもらえる当時の状況では、国の年金基金は潤っていたと思います。, なので、この取材を受けた方は、現在(2017年)から考えて80歳くらいの人だと推測します。, 今の働き世代の人は、どんなに年収がよくても、毎月の年金が50万円はムリだと考えます。, 今は昔と違い、国の年金基金も枯渇しています。これから、どんどん年金の受給額が減り、, 現在の老人は。65歳から年金を満額受給できますが、現在の働き世代の人は、70歳くらいに延ばされると予想されます。, よく年金を支えあっている図があるじゃないですか。昔は15人くらいの働き世代の人が1人の老人を支えあっている。, これでは、年金がもらえる年齢が先延ばしになるか、年金の受給額が減るかだろうなと思いました。, この人が、なぜ年金が毎月50万円ももらえるのか個人的に気になり、それから年金について興味を持つようになりました。, そして、なぜ元一流企業の人が、毎月50万円もの年金を受給できるのかも、何となく理解できました。カラクリがなんとなく分かりました。, 一流企業のサラリーマンは年金が3階建てで優遇されている! 【サラリーマンの年金知識①】, サラリーマンおよび、一般社会人のみなさん、年金の仕組みって難しいですよね。今回は、年金の仕組みについて理解が深まり勉強になった出来事があったので、その話を交えながら分かりやすく年金の仕組みについて説明したいと思います。, どうも、40代後半の男性です。この前、60歳の知人の方とお酒を飲みました。そのとき、年金の前倒し受給について、いろいろと教えてもらったのでまとめておきます。前倒し受給の参考にしてください。, 自分は一時期、年金がすごく気になるときがありました。そこでテーマを4つにわけて年金について大雑把にまとめてみました。, 現在、年金を支払い、年金を支えている働き盛りのサラリーマン。そんな人たちにとって遺族年金は、ちょっと無縁かも知れません。しかし、年金制度において遺族年金は重要で大切なものです。このページでは遺族年金についてみていき理解を深めたいと思います。, 今までは、年金の大まかな仕組みや、一流企業と一般サラリーマンの年金掛け金の違いについてみてきました。このページでは年金の支払い期間や年金の受給についてみていきたいと思います。, 僕の周りにいる、年金受給者の人を見ていて気になることが、ふつふつと沸いてきました。それは65歳以上と未満で、年金の控除(税金)が違うのかなというものでした。そこで今回は、年齢による年金の控除の違いについて考えてみます。, もうすぐ50歳になる男性です。そのため、だんだんと年金のことが気になりだしてきました。そこで今回は、年金の税金について考えてみます。, 暗い未来しかみえない男性です。最近、老後がとても不安です。年金の受給額もわずかなのはみえています。気が重いです。そこで今回は、老後の暗い生活について真剣に考えてみます。. 老後にいくら年金をもらえるかは気になるところだろう。現在は夫婦の働き方が多様化しており、年金の受給額は各家庭によって大きく異なる。今回は代表的な夫婦の働き方4パターンについて、年金予想額を紹介する。自分たちに近い働き方のパターンを選び老後の資金計画の参考にしてほしい。 年金受給額は、国民年金は「加入期間(保険料納付、免除期間)」のみ、厚生年金と共済年金は「加入期間と平均年収」で決まります。40年間すべて「全額納付」だった場合、満額の約80万円がもらえます。国民年金の受給額の早見表、詳しくはリンク先の記事にて。