±åˆ»ãªä¸­å³è‚©ä¸ŠãŒã‚Šã®äººå£æŽ¨ç§»ã€‚ なんとピークは2035年! 福岡熱すぎます! 参考表 政令市の区別の将来推計人口 (1)人口および指数(平成17年=100とした場合) 2005å¹´ 2010å¹´ 2015å¹´ 2020å¹´ 2025å¹´ 2030å¹´ 2035å¹´ 2020å¹´ 2035å¹´ 社会保障人口問題研究所の 2020 年と 2045 年の人口予測の比較では、 65 歳以上人口は 29 万 8492 人が 29 万 1636 人と横ばいに入ることを予測しています。峠を越しつつあるのです。一方、福岡市はこれからも高齢者が増え続けます。 期ビジョン及び福岡県の人口ビジョンの趣旨を尊重し、本 市における人口の現状分析を行うとともに、今後のめざすべき将来の方向と人口 … 『日本の地域別将来推計人口』(平成25(2013)年3月推計)が推計の対象とした自治体は、平成25(2013)年3月1日現在の1県(福島県)および1,799市区町村(東京23区(特別区)および12政令市の128区と、この他の764市、715町、169村)です。 この予測の存在を知ったのは 2019 å¹´5 月9 日 の 西日本新聞 の 記事 でした。 この記事、全体としては、福岡市役所におもねるような福岡市万歳! äººå£ 179 万人となるという予測が存在するのです。. äººå£ã§ã¯ãªãã€ 5 歳刻みの人口の棒グラフを作成してみます。 国立社会保障・人口問題研究所の 2018 年推計の公表データを基に作成してみますと、以下のようになります。 縦軸の単位は万人です。 äººå£ã¯2010年の95501人をピークとして日々変動しており、年少人口は1995年の15692人を生産年齢人口は2005年の62833人、老年人口は2030年の予測人口数の29776人をピークにそれぞれ特徴的な変動を続けています。 äººå£æ•°ã¯ 1,603,043人 に上り、1年前の2019å¹´9月の1,591,522人に比べ 11,521人 増えています。 äººå£ã®2025年の予測人口数の186810人をピークとするなど日々変動があり、年少人口の1985年、生産年齢人口の2015年など、年代ごとのピークや増減推移も違っていますので、それら福岡県福岡市中央区地域の特徴を確認しておきましょう。 一方、流入人口 の内訳は、福岡市が約4,461 人(79.2%)で最も多く、唐津市648 人(11.5%)、その他県 内が386 人(6.8%)となっています。 図7 糸島市の人口分布図 第1ç«  糸島市の公共交通の現状と課題 凡例 夜間人口 97,974人 糸島市 他市町村 2045年市町村将来推計人口ランキング. 国立社会保障・人口問題研究所の『日本の地域別将来推計人口(平成30(2018)å¹´3月推計)』のデータを使用して、2045年の市町村の人口ランキングを作ってみました。 2015年から2045年の人口増減率によって色を付けています。 福岡市の人口推移と将来推計人口(人口推移予測) 1920年~2040å¹´(大正09年~平成52å¹´) 熊本市の人口動態の分析及び福岡市との比較考察 - 28 - を決める要素となる出生と死亡に伴う人口の動きである自 然動態、転入・転出に伴う人口の動きである社会動態の推 移を示したものである。 熊本市の人口は増加を続けていることが分かり、平成21 ずつ増加する。福岡市の将来推計人口に関して、国立社会保障・人口問題研究所の2018年推計によると、2035年の167万7404人で最も多くなり、その後人口は減少へ転じると予測 … 福岡市は、2010年以降、政令都市指定都市の中で人口の増加率と増加数ともに最大です。現在の人口は、150万人を超え、予測では、2034年には、人口が160万人を超えると見込まれています。 äººå£ã®2020年の予測人口数の102099人をピークとするなど日々変動があり、年少人口の2000年、生産年齢人口の2005年など、年代ごとのピークや増減推移も違っていますので、それら福岡県筑紫野市地域の特徴を確認しておきましょう。 野県と名古屋市、三重県と札幌市などなど。意外な発見も! äººå£ã¯2005年の108402人をピークとして日々変動しており、年少人口は1995年の20068人を生産年齢人口は2000年の74390人、老年人口は2040年の予測人口数の31163人をピークにそれぞれ特徴的な変動を続けています。 福岡市だけが好調では、続かない. 3.将来人口推計について (1)福岡県内各都市の将来人口推計 図2-18は、国立社会保障・人口問題研究所による人口予測を基に、2010年の人口を100 として2040年までの5年毎の指数を表示しています。この期間に県内全体的な人口減少が予