航空法(昭和 27 年法律第 231 号。以下「法」という。)第 132 条ただし書の規定による飛行の禁 止空域における飛行の許可及び法第132条の2ただし書の規定による同条第5号から第10 号までに 条例は、地方公共団体が、地方自治法第2条第2項の事務に関し、議会の議決を経て制定する自主法の形式です(同法第14条第1項)。 条例は、法規としての性質(一般住民の権利義務に関係のある法規範としての性質)を持つものです。 改正後の航空法は、無人航空機の飛行禁止空域として、航空機の航行の安全を確 保する観点から空港等の周辺及び高さ150メートル以上の空域における無人航空機 の飛行を禁止する(航空法第132条第1号・航空法施行規則第236条)とともに、 ※別添資料3~8については、航空法第132条ただし書きの規定による許可及び同132条の2ただし書きの規定による承認を受ける際の申請に用いた様式及び別添資料を活用するため、ここでは添付していませ … 4 第4章 航空従事者(第22条~第36条) 5 第5章 航空路、空港等及び航空保安施設(第37条~第56条の5) 6 第6章 航空機の運航(第57条~航空法第99条の2) 7 第7章 航空運送事業等(第100条~第125条) 8 第8章 外国航空機(第126条~第131条の2) 9 第9章 雑則(第132条~第137条の4) 第132条 何人も、次に掲げる空域においては、無人航空機を飛行させてはならない。ただし、国土交通大臣がその飛行により航空機の航行の安全並びに地上及び水上の人及び物件の安全が損なわれるおそれがないと認めて許可した場合においては、この限りでない。 ただし、測量法第40条による測量成果提出時に「測量標新旧位置明細書」を提出することにより、国土地理院の長への通知を省略することができる。 都道府県知事は、法第23条第2項の規定により関係市町村長に通知をしなければならない。 改正法令名: 無人航空機等の飛行による危害の発生を防止するための航空法及び重要施設の周辺地域の上空における小型無人機等の飛行の禁止に関する法律の一部を改正する法律 (令和二年法律第六十一号) 改正法令公布日: 令和二年六月二十四日 よみがな: こうくうほう. 132条第2 … )、第13号及び第14号に掲げる事業のうち常時10人未満の労働者を使用するものについては、法第32条の規定にかかわらず、1週間について44時間、1日について8時間まで労働させることができる。 第1項の照会は、既にした予告通知と重複する予告通知に基づいては、することができない。 解説 . 航空法(こうくうほう、昭和27年7月15日法律第231号)は、民間の航空機の航行の安全及び航空機の航行に起因する障害の防止などを目的としている日本の法律である。 航空法第99条の2第1項及び第132条の規定により、飛行場周辺で模型飛行機及びドローン等の無人航空機を許可なく飛行させることは制限されています。 舞鶴航空基地上空の飛行を禁止します。飛行場付近での飛行を確認した場合には、警察等に通報します。 電波法規定に基づく認証:airstage申請分取得年月日(第2条第1項第19)(映像関係) 2.4ghz帯小電力データー通信システム ・2014.6.5:devo-f7ds ・2014.6.5:tx24d-01 2.4ghz帯高度化小電力データー通信システム ・2011.3.17:tr100 民事訴訟法132条の2の予告通知及び照会については、民事訴訟規則52条の2から52条の4においてその記載事項についてのより詳細な定めがなされている。 10月17日付で大阪航空局が航空法の規定に基づき許可・承認したが、許可・承認の申請のあった機体と実際に飛行させた機体が異なることが判明。 許可・承認事項 ・人口集中地域上空の飛行 (航空法第. 2 附則第一条第三号に掲げる規定の施行の際現にされている第二条改正前航空法第二十条第一項第五号から第七号までの能力についての同項の規定による認定の申請は、それぞれ第二条改正後航空法第二十条第一項第五号から第七号までの能力についての同項の規定による認定の申請とみなす。 航空障害灯/昼間障害標識の機能を損なった場合等の連絡先 航空障害灯及び昼間障害標識の管理について、航空法施行規則第128条第3号及び同規則第132条の4第2号で規定する「航空障害灯または昼間障害標識の機能を損なった場合等の連絡先」として、以下の官署での24時間受付けしております。 航空法は、無人航空機の飛行に関する基本的なルールとして、飛行の禁止空域(第132条)と飛行の方法(第132条の2)について規定しています。 航空法の規制対象となる無人航空機については、上記「2 ドローンの基礎知識」のところで触れたとおりです。 ただし、この規定には以下のとおり、法第43条第2項第1号の規定に基づく認定制度、第2号の規定に基づく許可制度があります。 なお、法の道路に該当するかは、各特定行政庁・限定特定行政庁・その他の町は各建築安全センター及び駐在の建築担当窓口で確認してください。 建築基準法改正(平成30年6月27日公布)によって、新たに法第43条第2項第1号に基づく認定制度が創設されました。従来許可として取り扱っていたものの一部について、法令の要件及び「法第43条第2項第1号認定基準」に適合する場合、認定の取扱いとなります。 航空法第132条ただし書に定める許可を得た者 航空法に定める、国土交通大臣宛て「無人航空機の飛行に関する許可・承認申請書」(写)及び 国土交通大臣が発行する「無人航空機の飛行に係る許可・申請書」(写)等を提出してください。